【2024年】タイムラプス撮影アプリおすすめランキングTOP9

更新日:2023年12月27日20:02

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

タイムラプスとは同アングルの写真をつなぎ合わせて映像にする撮影方法のことです。アングルを固定するので、時間の経過とともに動く被写体がおすすめ。タイムラプスアプリは誰でも手軽に撮影できるため、多くの人が利用しています。

本記事ではタイムラプスアプリのおすすめランキングを紹介。選び方や作品例についても記載しているので、参考にしながら自分に合ったアプリを選んでください。

タイムラプスアプリおすすめランキングTOP9

9件中/1~9位をおすすめ順で表示
1

ProShot

iOS1,000円
Android無料
注目ポイント

プロ並みの撮影を手のひらで! 進化したカメラアプリが登場

良い点
  • シャッター速度・ISO・露出など、一眼レフにも劣らない機能が満載
  • 多様な撮影モードと高画質が魅力的
  • ナイトショットやタイムラプスも簡単操作で撮影できる
注目ポイント

プロ仕様の機能が豊富 シネマティックな写真が撮れるアプリ

良い点
  • フィルターのほか、市販のカメラを再現したプリセットが豊富
  • 映画風のフィルターなどもあり、シネマティックな1枚に仕上がる
  • 月額プラン加入で、プロ仕様の機能がすべて使用可能に
3

MyCam Pro

iOS320円
Android-
注目ポイント

一眼カメラを使ったような、本格的な写真が撮りたい人におすすめ!

良い点
  • シンプルなデザインながらも、多彩な機能も盛り込んだカメラアプリ
  • 編集機能も充実。本格的なレタッチが楽しめる!
  • お気に入りの写真を設定しておけば、ウィジェットでいつでも見られる
4

ProCam 8

iOS1,600円
Android-
注目ポイント

一眼のように多機能 「本格的」という言葉が本当にふさわしいカメラ

良い点
  • 類似アプリの中でも非常に充実した機能で、凝った写真撮影ができる
  • UIに統一感があり使いやすく、カメラ初心者でも早く慣れそう
  • 非破壊編集や4K画質動画の編集にも対応。撮影後にも活躍する
気になる点
  • アプリのインストールが有料
  • 被写体ごとの最適な設定がわかりにくい
  • ズームは12倍まで
5

Musemage

iOS
Android無料
注目ポイント

手ブレ補正、美顔、タイムラプス等、バラエティ豊かな撮影機能を完備

良い点
  • 写真やタイムラプスなど7つのモードを搭載した多機能なカメラアプリ
  • フィルターや特殊効果が豊富。効果の強さを調整しながら適用できる
  • 手ぶれ補正や美顔機能で高品質な写真撮影が可能
6

センサカメラ

iOS-
Android無料
注目ポイント

曲がった写真にさようなら! 誰でも水平に写真が撮影できるアプリ

良い点
  • ガイドライン付きカメラ。センサーでカメラが水平になったかがわかる
  • 黄金比など多彩なガイドラインがあり、構図にもこだわれる
  • フラッシュやセルフタイマーなどの通常機能も使用できる
7

TimeLapse - Free

iOS無料
Android-
注目ポイント

動画編集をする方向けの多機能な撮影・編集ツールアプリ

良い点
  • HD動画・GPSタグ付け写真・サウンドトラックを作成できる
  • 録画時間や撮影設定を秒単位・分単位で変更できる
注目ポイント

何気ない風景写真が面白い動画に変身するインターバル撮影

良い点
  • 何気ない風景がクレイアニメの様な動画に変身
  • 初めてでも作れる簡単操作
  • 作成した動画をYoutubeなどで公開出来る
9

TimeLapse

iOS800円
Android-
注目ポイント

星が動く!街が動く!微速度動画を撮影しよう!

良い点
  • 本格的な微速度撮影がアプリ1つで出来る
  • 一定枚数撮ったら自動停止してくれる

タイムラプスアプリの選び方

手ブレ補正付きが使いやすい

タイムラプスはカメラが少しでもブレると、被写体も大きくブレてしまいます。撮影時はスマホを固定するのが望ましいですが、もし固定できない場合は手ブレ補正付きのアプリを選ぶといいでしょう。『Musemage』は撮影の段階で手ブレ補正やノイズの削減などをしてくれるので、後からレタッチする手間を軽減できます。

ただしカメラを固定できる場合は手ぶれ補正はOFFにしておいてください。ブレが発生しない状態での補正機能は逆にブレる原因になることがあります。

対応OSを事前に確認しておく

タイムラプスアプリはどちらかのOSにしか対応してないケースが多いです。ランキングに掲載されているアプリの中でも、両方のOSに対応しているアプリは1つしかありません。

Androidでも利用できるアプリを探している人は『ProShot』を利用するといいでしょう。iPhoneユーザーの人には、本格的は映像を撮影できる『ProCam 8』がおすすめです。

タイムラプス作品に必要な道具3選

必要な道具①:スマホ用の三脚

三脚を活用してスマホを固定すれば、綺麗に撮影できます。またスマホを設置する場所を自由に選べるので、撮影できる作品の幅も広がります。壁やスマホケースに立てかけたときと比較しても、安定感は高まるでしょう。100円均一ショップやネット通販サイトなどで販売されており、手に入れやすいため探してみてください。

必要な道具②:モバイルバッテリー

長時間の撮影になる場合は、モバイルバッテリーが活躍します。せっかく撮影したのに充電切れになっては、今までの時間が水の泡になってしまいます。モバイルバッテリーの容量をチェックして、どれぐらい充電できるか把握しておくといいでしょう。

必要な道具③:動画編集ツール

動画編集ツールがあればBGMをつけたり、動画を繋げたりできます。さらにフィルターや色彩ツールを使えば、動画の雰囲気を変えることも可能。撮影したタイムラプスをより仕上げたいときにおすすめです。動画編集ツールを探している人は、ランキング形式でおすすめアプリを紹介しているこちらの記事も参考にしてみてください。

【2022年】プロ並みの動画編集・動画作成アプリおすすめTOP10

【2024年】プロ並みの動画編集・動画作成アプリおすすめランキングTOP10

タイムラプスの作品例と撮影方法

地球の自転を体感できる星空

夜空の星をタイムラプスで撮影すると、円を描いたような映像が撮れます。撮影方法は三脚やスマホスタンドでカメラを固定して、タイムラプスモードで撮影するだけ。周囲に明るい街がなく暗い場所であれば、星が綺麗に映るでしょう。

また一晩中撮影する場合はスマホのバッテリー切れに注意してください。山間部だと急に天候が変わる場合もあるので、雨に濡れないようにしておくのも大切です。

日常の忙しなさが残る街の風景

街の風景を撮ると、車や人が高速移動しているかのような映像が撮影できます。街中で撮影する場合は周囲の迷惑にならないか注意しましょう。また被写体との距離が近すぎても流れを上手く表現できないので、カメラを固定して遠くから撮影してみてください。

普段目にできない高速で動く太陽と雲

快晴よりも動きがわかりやすい雲がある日の方が、タイムラプスに向いています。雲が生き物に見えたり、夕日が沈むことで時間の経過を表現しやすくなったりします。特に昼から夜へ変化していく様子を見られる機会は滅多にないので、ファンタジーな世界観を堪能できるでしょう。昼空を撮影するときは、途中でカメラを遮る心配がない屋上などがおすすめです。

タイムラプスを撮影するコツを紹介

撮影中はスマホに触れない

タイムラプスはとにかくレンズを動かさないことが重要です。撮影中にスマホを操作すると、ブレてしまう可能性が高まります。三脚などでスマホを固定していたとしても、撮影中はスマホの操作は我慢しましょう。

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });