動画ダウンロードアプリおすすめTOP10 YouTubeは保存できる?

【2024年】動画ダウンロードアプリおすすめTOP10 YouTubeは保存できる?

更新日:2024年1月22日22:22

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

動画を見るときの通信量が気になるなら、動画ダウンロードアプリが便利。端末にデータを保存しておけるので、好きな時に快適に動画を再生できます。外出先でも好きな映像や音楽を楽しみましょう。

本記事ではおすすめの動画ダウンロードアプリをランキングでご紹介。あわせてアプリの選び方もお伝えします。動画をダウンロードする際の注意点も挙げているので要チェックです。

※ランキングは、人気、おすすめ度、レビュー、評価点などを独自に集計し決定しています。

動画ダウンロードアプリおすすめランキングTOP10

1

Clipbox+

総合評価
4.47
iOS無料
Android無料
注目ポイント

見つけた動画をスムーズにダウンロード 管理もお任せ

4.40
ダウンロードのしやすさ

ダウンロード時の操作はスムーズ。

4.50
検索のしやすさ

複数タブやブックマークで、ブラウザでのアクセスが快適

4.70
多機能さ

フォルダ分けやロックなど、豊富なファイル管理機能を備える

タイプ 動画・画像・文書
検索方法 アプリ内ブラウザ、URL入力
ファイル管理機能
取得元 動画サイト、SNS
ビューワー機能
Check!

こんな人におすすめ

ダウンロード・ファイルの管理ともに快適。ファイルの整理にもこだわる人に

2

トルミル

総合評価
4.42
iOS無料
Android-
注目ポイント

動画だけでなく、音楽も扱えるダウンロードアプリ

4.50
ダウンロードのしやすさ

数回のタップで保存。URLから直接保存することもできる

4.30
検索のしやすさ

ブラウザのプライベートモードで、履歴を残さず検索・保存

4.40
多機能さ

動画や文書・音楽まで多彩なファイルに対応。管理機能も充実

タイプ 動画・画像・文書・音楽
検索方法 アプリ内ブラウザ、URL入力
ファイル管理機能 ×
取得元 動画サイト、SNS
ビューワー機能
Check!

こんな人におすすめ

動画以外に音楽も保存できる。音楽をいつでもどこでも楽しみたい人向け

3

動画ダウンロード

総合評価
4.18
iOS-
Android無料
注目ポイント

ボタンをタップするだけで、動画を手軽に保存できる

4.50
ダウンロードのしやすさ

タップ2回だけの簡単な手順でダウンロードが完了する

4.20
検索のしやすさ

ブラウザはタブをリストで管理でき、ページの移動がしやすい

2.50
多機能さ

対応しているファイルは少なく、ファイル管理機能も乏しい

タイプ 動画・画像
検索方法 アプリ内ブラウザ、URL入力
ファイル管理機能
取得元 動画サイト、SNS
ビューワー機能
Check!

こんな人におすすめ

画面のボタンをタップするだけの簡単な保存操作。手軽さ重視の人におすすめ

注目ポイント

オフラインで動画が見放題 ループ再生で音楽も楽しめる

良い点
  • 動画投稿サイトやスマホ内の音源を一括管理できるアプリ
  • オフライン・バックグラウンド・ループ再生など便利な機能が豊富
  • MP4からMP3への変換や動画の切り取りなど、簡易的な編集もできる
気になる点
  • 動画のリンクは別アプリのブラウザからコピペする手間がある
  • 無料で利用できる保存容量が少ない
注目ポイント

TikTokの動画を保存・ダウンロード プレイリスト再生も

良い点
  • 「リンクをコピー」からペーストするだけで、簡単に動画を保存
  • 動画やオーディオをダウンロードして、オフライン再生が可能に
  • まとめておきたい動画を選んで、プレイリストが作成できる
注目ポイント

完全無料の動画ツイート保存アプリ ログイン不要で使い方も簡単

良い点
  • ログイン不要。Twitterの動画を高画質で保存できるアプリ
  • 動画保存が相手に通知されることはなし。個人の範囲で楽しめる
  • 端末のフォルダから保存動画を選び、通勤中や休憩中に視聴可能
注目ポイント

オフライン対応 お気に入りの音楽をフルHD画質で楽しめる

良い点
  • 動画を1080p(フルHD)で保存できるミュージックプレイヤー
  • プレイリストを作成すれば、好きな曲を無限に流せる
  • オフライン再生ができるため、地下鉄など電波が弱い場所でも安心
気になる点
  • 動画のURLは別アプリのブラウザからコピペする手間がある
  • 動画広告が長く、ダウンロードには時間がかかる
注目ポイント

シンプル操作でサクサク動画管理 好きな楽曲でプレイリスト作成も可能

良い点
  • 動画をダウンロードしてバックグラウンド再生。通信制限の心配なし
  • フォルダ作成や分別に加え、移動や削除といった動画の管理が簡単
  • 好きなプレイリストを作成可能。音声データへの変換機能も追加予定
9

Advanced Download Manager

iOS-
Android無料
注目ポイント

ダウンロードが遅くてイライラ…… その悩みをアプリが解消!

良い点
  • 高速でダウンロードができるアプリ。3Gや4G回線でも大丈夫!
  • 最大3つのファイルを同時ダウンロード。まとめて保存するときに便利
  • シンプルなデザインで、たくさんのファイルを管理しやすい
気になる点
  • アプリ内で別途サービスを開かないと動画をダウンロードできない
  • 機能が複雑な割に説明が少ない
注目ポイント

いちいちサイトにつながなくても、好きな動画をスグ再生

良い点
  • 再生した動画をクリップしておき、いつでも再生できるブラウザアプリ
  • 動画を別ウィンドウで表示しつつ、他のサイトをブラウジングできる
  • 広告ブロック機能もついており、動画だけを快適に閲覧できる
気になる点
  • 多機能な割に説明が少なく、慣れが必要
  • アプリ内ブラウザのタブ切り替えがやや手間

インターネットアプリのおすすめランキングはこちら

【2024年】インターネットアプリおすすめランキングTOP10
【2024年】インターネットアプリおすすめランキングTOP10

動画ダウンロードアプリのメリット

動画サイトにある動画を端末に保存できるため、動画を見る時にはデータ通信を必要としません。加えてオフラインでも視聴ができます。通信量を圧迫することなく、好きなときにお気に入りの動画を見られるでしょう。

またサイト上で動画を見るときに入る広告もないので、快適に視聴できるのもメリットです。

動画ダウンロードアプリの選び方

無料で利用できるアプリを選ぶ

初めて使う人は、無料で使えるアプリを選ぶのがオススメです。使ってみて合わなかった場合でも、お金を無駄にしなくて済みます。

無料のアプリのほとんどは、後から課金して広告の非表示や機能の追加ができます。まず無料で使ってみて、必要があれば課金するのがいいでしょう。

ダウンロードできるファイル形式で選ぶ

動画の保存形式はMP4やMOVなどさまざま。せっかく保存したのに再生できないのはもったいないので、保存した後に自分の端末で再生できるアプリを選びましょう。

MP4やWAVは、iPhoneとAndroidどちらでも再生が可能です。ただしCAFやAIFFはiPhoneのみ、OGGやFLACなどはAndroidのみで再生できる形式なので要注意です。

効率的にダウンロードできる機能で選ぶ

複数のファイルをダウンロードできる機能は重要です。多くの動画をひとつひとつダウンロードするのは手間がかかりますが、複数をまとめてダウンロードできれば効率的です。

またバックグラウンドでダウンロードする機能も便利。多くの動画ともなるとダウンロードに時間がかかります。バックグラウンドでのダウンロードに対応していれば、並行して他のアプリを操作できます。

レビューの評価が高いアプリを選ぶ

使い心地や操作感は実際に触ってみないとわからないもの。しかしいちいちダウンロードして比べるのは手間がかかります。Applivではアプリごとにレビュー記事を掲載。使用感が気になった時には、読んでみると参考になるでしょう。

選ぶのに困ったら、ランキング上位のアプリにするのもアリ。『Clipbox+』などは機能・使いやすさともに優秀でオススメです。

動画ダウンロードの手順

実際にどのようにして動画をダウンロードするのか、代表的なアプリ『Clipbox+』を例にご紹介します。

Clipbox+で動画をダウンロードする方法

①トップ画面の「サーチ」から「ブラウザ」をタップします。

②検索欄にURLやキーワードを入力し、ダウンロードしたい動画のページまで移動します。

③画面下部の「+」ボタンをタップします。確認画面が2回表示されるので、それぞれ「Are you ok?」→「Really?」の順にタップしてください。

④ファイル名をつけ、保存する場所を指定して「OK」をタップすると、ダウンロードが始まります。進捗は「サーチ」画面で確認できます。

Clipbox+で動画を管理する方法

ダウンロードした動画はトップ画面の「マイコレクション」から開けます。動画タイトルをタップすると、動画の再生が開始されます。

右上の「Actions」ボタンをタップすれば、画面下部に管理メニューが展開。選択したファイルのリネームや保護、コピーができます。

動画をダウンロードする際の注意点

YouTubeの動画をダウンロードするのは規約違反

動画サイトでも屈指の人気を誇るYouTube。動画ダウンロードアプリでも利用したいところですが、利用規約では「本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード(中略)またはその他の方法での使用を行うこと」は禁止されています。

YouTubeの動画をダウンロードすると、サイトの規約に違反してしまうため注意しましょう。最初からYouTubeの動画はダウンロードできないようになっているアプリもあります。

ダウンロードする映像や音楽は、公式の配信のみがベター

ダウンロードする動画は、投稿者が著作権を持っている動画のみにしましょう。それ以外のものは無断転載された動画である可能性があり、ダウンロードしてしまうと罪に問われる場合があります。

テレビ局や音楽レーベルなどの公式が投稿している動画であれば、投稿者も信頼でき安全といえます。

違法アップロードされた動画をダウンロードするのは違法

違法にアップロードされた動画と知った上でダウンロードすると、投稿者だけでなくユーザーも罪に問われるケースがあります。

たとえばテレビ番組やアニメの一部を切り抜いた動画は、著作権法に違反しています。好きなシーンを何度も見たい気持ちはもっともですが、くれぐれもダウンロードしないようにしましょう。

ダウンロードした動画を誰かに配布してはダメ

著作権法で動画のダウンロードが許可されるのは、個人的に楽しむ目的の場合まで。ダウンロードした動画を複製して友人などに配るのは違法です。

ダウンロードした動画は、あくまでも自分が視聴する用途にだけ使いましょう。

告訴された場合には罰金や懲役などの刑が科されることも

著作権法に違反して権利者から告訴された場合、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が科されます。軽い罰ではないので、ダウンロードする動画やダウンロード後の取り扱いには要注意です。

また個人的に楽しむ場合でも、有料の動画や音楽を録画・録音すると、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科されます。購入やレンタルをした動画は、アプリでダウンロードしないようにしましょう。

動画ダウンロードアプリのよくある質問

動画をダウンロードして何かメリットはあるの?

サイトに接続しなくても動画を再生できるので、通信量が気になりません。また広告が入らず快適に視聴できます。

動画をダウンロードして、著作権は大丈夫?

著作権法を守ってアップロードされた動画なら、ダウンロードは問題ありません。ただしYouTubeは規約で動画のダウンロードを禁止しています。

どういった動画ならダウンロードしていい?

動画が著作権法に反していないかどうかは見分けが難しいので、レーベルや企業が公式に投稿している動画をダウンロードするようにすれば安心でしょう。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });