テキストを読み上げるアプリおすすめランキング

【2024年】テキストを読み上げるアプリおすすめランキングTOP10

更新日:2024年1月30日18:04

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

テキストを読み上げるアプリは、視力が悪い人や画面を離れない状況でとても便利です。またスマホに読み取った文字や、カメラに写したテキストを読み上げる機能を持つアプリなどもあります。

この記事では、最適なアプリの選び方から使い方、メリット・デメリットまで詳しく解説。よくチェックすれば、あなたに合ったアプリを見つけられますよ。

テキストを読み上げるアプリおすすめランキングTOP10

24件中/1~10位をおすすめ順で表示
注目ポイント

忙しい時にこそ読み上げ機能 耳から情報を取り入れる

良い点
  • 手が離せないときなど、自動で文字を読み上げてくれるアプリ
  • データを取り込めば、外部の小説やテキストデータなど幅広く対応
  • 拡張機能を使って滑らかな声に変更可能、25ヵ国語に対応
注目ポイント

あなたの伝えたい言葉を棒読みで面白おかしく届けるアプリ

良い点
  • 読み上げて欲しいメッセージを文字で入力。操作が簡単。
  • 選べるボイスが多数!メッセージと相手に合わせて変更可能。
  • お気に入りボイスは保存しよう、いつでも読み込み可能です。
3

読み上げアプリ

iOS-
Android無料
注目ポイント

女性の音声で読み上げ 音声を保存して、動画制作などに役立てる

良い点
  • 書き込んだ文章を、読み上げてくれるアプリ。読み間違いが少ない
  • バーを調整して、音声の高さや速度を手軽に変更できる
注目ポイント

法人向け 会議やインタビューの内容を録音・的確にテキスト化

良い点
  • 会話をリアルタイムでテキスト化。議事録づくりに役立つ音声認識アプリ
  • コード入力またはカメラで読み込むだけで、会議に簡単に参加
  • 法人向けは専用IDが必要だが、無料版は登録なしで試し使いできる
注目ポイント

カテゴリごとの整理整頓 メモアプリは見やすさ重視で

良い点
  • 仕事、プライベートなど、カテゴリで分類。すっきり整理できるメモ帳
  • 自分のライフスタイルに合わせてカスタム。カテゴリーは自由に追加可能
  • スワイプでカテゴリー切り替え。目的のカテゴリーのメモだけを見られる
注目ポイント

◯分ごとにリストを読み上げ 時報のおかげでやることを忘れない

良い点
  • ToDoリマインダーとして優秀。読み上げてくれるので忘れることナシ
  • 読み上げの時間を指定でき、1分~180分ごとまで細かく設定できる
  • ToDoリストを分けられ、朝、昼、晩ごとにやることを登録可能
注目ポイント

多言語に対応した読み上げアプリ Webサイトのニュースも読み聞かせ

良い点
  • ニュースサイトなどのテキストを読み上げてくれるアプリ
  • 読み上げ音声は男声・女声どちらもアリ。日本語以外も対応
  • おすすめのウェブサイトを表示。ニュースサイトを選べる
8

Speech Services by Google

iOS-
Android無料
注目ポイント

テキスト読み上げや声での検索まで、音声認識はコレにおまかせ

良い点
  • 音声での検索など、多くの場面で活躍するGoogleの音声認識アプリ
  • 『Google Play ブックス』の書籍などのテキストを読み上げ
  • レコーダーアプリの使用時には、音声の文字起こしもしてくれる
気になる点
  • 書籍の読み上げはラノベや小説などのテキストに限る
  • 機能のオンオフを設定できない
9

Seeing AI

iOS無料
Android-
注目ポイント

見えない不便をカメラで解消 視覚障碍の方を助けるAI

良い点
  • AIがカメラで画像認識。テキストや景色、人の顔を読み取る補助アプリ
  • 画像は撮影するか、端末内から読み取る。音声で映っているものを解説
  • 紙幣や商品バーコードも読み取れるので、お買い物もサポートしてくれる
10

ゆっくりボイス

iOS無料
Android無料
注目ポイント

ゆっくりボイスをアプリで生成 欲しい音声をサクッと作れる

良い点
  • テキストを入力するだけでゆっくりボイスを生成できるアプリ
  • 話す速度や音量を調整可能。何回も音声を再生できるので、確認しやすい

テキストを読み上げるアプリとは

テキストを読み上げるアプリは、入力された文字や文書を合成音声で読み上げてくれます。テキストデータはもちろん、Webサイトや電子書籍の読み上げができるものも。視力が弱い方や、画面を見れない状況にいる方にとって便利なアプリです。

また、アプリにナレーションを読ませて動画を制作し、YouTubeに投稿するケースもあります。顔出し・声出しに抵抗のある方は挑戦してみても良いでしょう。

テキストを読み上げるアプリの選び方

再生速度や読み上げる声の変更ができるか

読み上げる速度の調整や、声の種類を変更できるかも重要なポイント。機械音声では聞き取りにくい場合がありますが、速度調整や声の種類を変更することで、より自然で聞きやすい音声にすることが可能です。

例えば、よりゆっくりとしたペースでの読み上げが必要な場合や、より人間らしい声質を好む場合に、この機能が重宝されるでしょう。

利用できるテキストの範囲を確認する

テキストを読み上げるアプリを選ぶ際には、サポートしているテキストの範囲も確認することが重要です。例えば、PDFやWord文書、ウェブページなど、さまざまなテキストをサポートしているアプリは、幅広い用途で利用できます。

また、カメラを使って紙のテキストをスキャンし、読み上げる機能があると便利です。印刷された資料や手書き飲めもを読み上げる際にも役立ちます。

翻訳機能を搭載しているか

翻訳機能が組み込まれているアプリなら、海外旅行中などにもとても便利です。旅先で看板の意味を教えてもらったり、伝えたいことを入力して読み上げてもらったりと、困りごとを解決してくれます。

YYProbe』は英語や中国語など、主要な言語をリアルタイムで翻訳してくれるためおすすめです。

テキストを読み上げるアプリの使い方

ここではおすすめのテキストを読み上げるアプリ『Seeing AI』の使い方を解説します。

アプリを開いたら、読み上げて欲しいテキストをカメラで写します。撮影ボタンをタップして、テキストを認識させましょう。テキスト化されたら、左下の再生マーク(▶︎)をタップすれば、読み上げてくれます。

Seeing AI

Microsoft Corporation

iOS無料
Android
App Storeを見る
Android版は配信されていません

テキストを読み上げるアプリのメリット・デメリット

メリット

テキストを読み上げるアプリは、視覚障がい者や読書が困難な人の情報取得をしやすくしてくれます。運転や家事などほかの作業を行いながらでも、ニュースや書籍を聞くことができるため、マルチタスクにもピッタリ。

また、言語学習における正しい発音の確認や、時間が限られている際の長文読書の効率化にも役立ちますよ。

デメリット

テキストを読み上げるアプリのデメリットは、読み上げる声が合成音声だということです。機械的な読み上げのアプリが多く、抑揚がないため聞きにくく感じられます。そのため、音声の聞き取りやすくできる機能を搭載したアプリがおすすめ。

テキストを読み上げるアプリの注意点

テキストを読み上げるアプリを使用する際には、記号や特殊な文字が正しく読み上げられない可能性があることを注意しておきましょう。また数字や固有名詞といったものも、適切に読み上げられない可能性が高いです。

例えば、西暦2000年を「にぜろぜろぜろねん」、高田馬場を「たかだばば」といった読み方をしてしまうこともあります。

テキストを読み上げるアプリに関するよくある質問

アプリを使わないで読み上げる方法はある?

スマホの標準機能を利用するだけでも、読み上げが可能です。ただし機能の幅が狭く、カメラで写したテキストを読み上げられなかったり、テキストを翻訳して読み上げられなかったりします。

使い方は、iPhoneならテキストを長押しで選択して、「読み上げ」をタップするだけ。Androidも同様にテキストを長押しで選択して、「読み上げる」をタップすれば完了です。

無料のテキストを読み上げるアプリはある?

ほとんどのテキストを読み上げるアプリは、無料で利用できます。ただし、無料アプリの場合、機能に制限があったり、広告が表示されたりすることも。

無料アプリを利用して、機能に不満がある人は有料アプリを使うか、無料アプリで有料プランに加入してみてください。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });