【2024年】拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリおすすめランキング

【2024年】拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリおすすめランキングTOP5

更新日:2024年2月22日10:32

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリを利用すれば、細かい文字が視認しやすくなります。老眼が始まり新聞や本などを読みにくくなった人でも、気軽に活字を読むことが可能です。スマホだけで完結するため、ルーペなどを持ち歩く必要はありません。

この記事では、拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリのおすすめランキングを紹介。さらに最適なアプリの選び方から使い方、メリット・デメリットまで詳しく解説します。

拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリおすすめランキングTOP5

5件中/1~5位をおすすめ順で表示
注目ポイント

小さなものを見やすく! 便利な拡大&照明機能付きアプリ

良い点
  • スマートフォンを最大8倍の拡大鏡に変え、小さいものもはっきり見える
  • ズーム機能や画面を一時停止させて安定させる機能付き
  • 暗闇で使えるフラッシュライトなど便利な機能が充実
注目ポイント

新聞の小さな文字などを最大8倍まで大きく写せる虫眼鏡アプリ

良い点
  • スマホカメラを利用した虫眼鏡アプリ。メガネがないときなどに役立つ
  • 拡大したまま写真撮影も。新聞や本の一部分を、大きな字で保存できる
  • 画面を見やすく変更する機能やライト機能などを搭載
気になる点
  • スマホのカメラ性能に見やすさが左右されてしまう
注目ポイント

小さな文字もラクラク読める! 便利な拡大鏡&ライトアプリ

良い点
  • 倍率の切り替えは、画面を上下にスワイプするだけ。誰でも簡単にできる
  • ライトが点けられるので、手元が暗い時でも安心して利用できる
  • 拡大したまま撮影も可能。メモの代わりになって便利
4

拡大鏡

iOS-
Android無料
注目ポイント

小さな文字もくっきり! 32倍ズームと共有機能を持つ便利なアプリ

良い点
  • スマートフォンを最大32倍のデジタルルーペに変えるアプリ
  • 画像を固定、保存、共有できるのでメモとしても使える
  • ライト機能や音声読み上げ機能もあり、さまざまな場所で活用できる
5

明るく大きく

iOS無料
Android無料
注目ポイント

新聞の文字がぼやけるあなたに! 困ったらこの拡大アシストアプリ

良い点
  • 文字の背景をダークにしたり、歪みをなくしたりして読みやすくできる
  • 拡大した状態で撮影して快適に読める
  • 明るさやコントラスト、文字の大きさは自由に調整可能

拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリの選び方

倍率調整を細かくできるアプリを選ぶ

拡大鏡アプリの最も基本的な機能は、拡大・縮小倍率の調整です。細かい文字や小さな物体を見る際には、高い倍率での拡大が必要になることがあります。そのため、倍率を細かく調整できるアプリを選ぶことが重要です。

特に、ピンチ操作による直感的な倍率調整が可能な『拡大鏡 & 顕微鏡(ルーペ)』は、使い勝手が良くおすすめ。また、必要に応じて低倍率での使用も考慮し、幅広い範囲での調整が可能なアプリを選ぶと良いでしょう。

ライト機能付きのアプリを選ぶ

暗い場所で文章を読む際には、ライト機能が備わっているアプリが非常に役立ちます。スマホのフラッシュを利用して、対象物を明るく照らすことができるため、暗い場所でもはっきりと物を見ることが可能。

ライト機能があると、夜間や暗い室内での使用にも適しており、より幅広いシーンでアプリを活用できます。特にシンプルで使いやすい『拡大鏡』はライト機能もついていて便利です。

手ブレ補正の有無で選ぶ

拡大鏡アプリを使用する際、手ブレは避けられない問題です。特に高倍率での使用時には、わずかな手の動きでも大きなブレとなってしまいます。そのため、手ブレ補正機能を備えたアプリを選ぶことが重要です。

この機能は、アプリが自動的に画像を安定させ、読みやすさや見やすさを向上させられます。特に『でか文字スコープ』は、手ぶれ補正の搭載とオートフォーカスが搭載しており、文字が読みやすいアプリです。

画面を固定できる機能付きのアプリもある

一部の拡大鏡アプリには、画像を一時的に固定する機能が備わっています。これにより、特定の箇所をじっくりと読みたい・観察したい場合に便利です。

固定機能が搭載されていれば、手ブレを気にせずに細部を詳細にチェック可能。特に、文字の読み取りや細かい模様の確認など、精密な作業にぴったりです。『拡大鏡 & 顕微鏡(ルーペ)』なら、画面左端の氷マークをタップするだけでフリーズ機能を使用できますよ。

色の反転機能を確認しておく

色の反転機能は、目の負担を軽減し、読みやすさを向上させることが可能です。特に視力に問題を抱えているユーザーや、長時間の使用が予想される場合には、この機能の有無をチェックしておきましょう。

拡大鏡 + フラッシュライト (虫メガネ)』なら、ハイコントラストモードを搭載しているため、目の疲れを軽減できますよ。

拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリの使い方

ここでは、おすすめ拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリ『拡大鏡 & 顕微鏡 (ルーペ)』の使い方を解説します。簡単な操作で利用できるため、誰にでも使いやすいですよ。

使い方は簡単で、2本の指で画面を広げるだけで拡大できます。雪の結晶のようなマークをタップすると、写っている画面を3秒間静止させることが可能です。手ブレが酷い時に利用してみてください。

また暗くて見にくい時は、電球マークをタップしましょう。スマホのライトが点き、照らしてくれます。

拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリのメリット・デメリット

メリット

一番のメリットは、スマホさえあればいつでもどこでも拡大鏡を利用できる点です。ルーペや虫眼鏡を持ち歩く必要がなく、細かい文字や物を簡単に拡大できます。

また多くの拡大鏡アプリには、倍率調整、色の反転、ライト機能、手ブレ補正など、多様な機能が備わっています。そのため、拡大したい物に合わせて利用できることも利点と言えるでしょう。

デメリット

一番のデメリットは、スマホの充電が切れると利用できなくなる点です。特にライト機能を長時間使用すると、バッテリーの減りが早くることがあります。

またスマホのカメラ機能の質によっては、拡大した際に対象がぼやけてしまうことも。これらの点は、実物の拡大鏡に劣ってしまいます。

よくある質問

拡大鏡・虫眼鏡・ルーペアプリは、老眼鏡としても使える?

ある程度は、老眼鏡としても使えます。老眼により細かい文字が読みにくくなった人でも、文字を拡大して読めるため、読みやすさを向上させることが可能です。

ただし、老眼鏡のように視界全体を明瞭にするわけではありません。あくまでもスマホの画面内のみ拡大する機能なので、使いにくさを感じる人もいるでしょう。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す