【2021年】SMS(ショートメッセージ)アプリおすすめTOP5 無料送信も!

【2022年】SMS(ショートメッセージ)アプリおすすめランキングTOP5 無料送受信も対応

2022年9月22日17:56更新

アドレスを知らなくても、電話番号があればメッセージを送受信できるSMS(ショートメッセージサービス)アプリ。実は画像の送信や既読機能をはじめ、意外と色々な便利機能がついているんです。

本記事では連絡のしやすさ、多機能さ、おしゃれさでおすすめのSMSアプリをランキング。よりお手軽なコミュニケーションに役立つアプリがそろっています。

※ランキングは、人気、おすすめ度、レビュー、評価点などを独自に集計し決定しています。

SMSアプリおすすめランキングTOP5

1

+メッセージ

総合評価
4.17
iOS無料
Android無料
注目ポイント

無料で送受信OK! 好きなだけメッセージが送れる

4.50
連絡のしやすさ

グループメッセージで複数に連絡やファイル送信が可能

4.00
機能の豊富さ

通信量の節約設定や、キャリアのお知らせ受信が可能

3.00
おしゃれさ

かわいいスタンプが多数。キャラクターものは少ない

機能

対応OS iOS 13.0〜 / Android 4.4〜
メッセージの通信料 同アプリ間のみ無料
画像・動画送信
既読機能
迷惑メッセージ対策 ブロック・通報
その他便利機能 企業アカウントのフォロー
Check!

こんな人におすすめ

プリインストールされた端末が多く無料で送受信しやすい。料金を抑えたい人に

2

メッセージ

総合評価
3.83
iOS-
Android無料
注目ポイント

汎用性はバッチリ 迷わず使えるスタンダード

4.30
連絡のしやすさ

画像や動画だけでなく、連絡先やボイスも送信できる

3.00
機能の豊富さ

検索機能に優れる。連絡に関わらない機能には乏しい

4.00
おしゃれさ

豊富なGIFやスタンプでやり取りがにぎやかに

機能

対応OS Android(デバイスによる)
メッセージの通信料 同アプリ間のみ無料
画像・動画送信
既読機能
迷惑メッセージ対策 ×
その他便利機能 音声メッセージ
Check!

こんな人におすすめ

送信できるファイルが幅広いため、ビジネスなどにも利用する人向け

3

SMS用メッセンジャー

総合評価
3.67
iOS-
Android無料
注目ポイント

背景も枠も、デザインを自分好みにカスタマイズ

4.00
連絡のしやすさ

各種ファイルはもちろん、メッセージの定型文も送れる

3.00
機能の豊富さ

機能は少ないが、特定の連絡を他人から隠せる

4.00
おしゃれさ

スキンをカスタムでき、好みの見た目で使える

機能

対応OS Android 4.4~
メッセージの通信料 有料
画像・動画送信
既読機能 ×
迷惑メッセージ対策 ブロック
その他便利機能 音声メッセージ・テーマのカスタマイズ
Check!

こんな人におすすめ

デザインを多彩にカスタム。オシャレさにこだわる人におすすめ

どのアプリにするか迷ったらこちら

4

CosmoSia

総合評価
3.44
iOS無料
Android無料
注目ポイント

メールもSMSも、ここからまとめて確認

4.00
連絡のしやすさ

メッセージの定型文を登録・利用できる

3.00
機能の豊富さ

メールを一括管理。個々に特別な機能はない

2.00
おしゃれさ

スタンプはなく、デザインもほぼ変わらない

機能

対応OS iOS 11.0~ / Android(デバイスによる)
メッセージの通信料 有料
画像・動画送信 ×
既読機能 ×
迷惑メッセージ対策 ×
その他便利機能 メールアカウントの登録
Check!

こんな人におすすめ

各アドレスも登録可能なので、メールと一緒にSMSを管理したい人に

5

Rakuten Link

総合評価
3.22
iOS無料
Android無料
注目ポイント

楽天モバイル同士なら無料でコミュニケーション

3.00
連絡のしやすさ

機能は一通り。楽天専用ゆえ利用できる端末は少ない

4.00
機能の豊富さ

ニュースのほか、楽天ポイントが貯まるキャンペーンも

2.00
おしゃれさ

スタンプや装飾系の機能には欠けるので、やや物寂しい

機能

対応OS iOS 14.0~ / Android 7.0~
メッセージの通信料 同アプリ間のみ無料
画像・動画送信 ○(グループチャットのみ)
既読機能
迷惑メッセージ対策 ×
その他便利機能 通話・ニュース・楽天ポイント
Check!

こんな人におすすめ

ポイントやニュースなど多機能。楽天限定なので楽天モバイルユーザー向け

人気SMSアプリの比較一覧表

順位 アプリ 総合評価 こんな人におすすめ 対応OS メッセージの通信料 画像・動画送信 既読機能 迷惑メッセージ対策 その他便利機能
1
+メッセージ

4.17

プリインストールされた端末が多く無料で送受信しやすい。料金を抑えたい人に iOS 13.0〜 / Android 4.4〜 同アプリ間のみ無料 ブロック・通報 企業アカウントのフォロー
2
メッセージ

3.83

送信できるファイルが幅広いため、ビジネスなどにも利用する人向け Android(デバイスによる) 同アプリ間のみ無料 × 音声メッセージ
3
SMS用メッセンジャー

3.67

デザインを多彩にカスタム。オシャレさにこだわる人におすすめ Android 4.4~ 有料 × ブロック 音声メッセージ・テーマのカスタマイズ
4
CosmoSia

3.44

各アドレスも登録可能なので、メールと一緒にSMSを管理したい人に iOS 11.0~ / Android(デバイスによる) 有料 × × × メールアカウントの登録
5
Rakuten Link

3.22

ポイントやニュースなど多機能。楽天限定なので楽天モバイルユーザー向け iOS 14.0~ / Android 7.0~ 同アプリ間のみ無料 ○(グループチャットのみ) × 通話・ニュース・楽天ポイント

各メッセージサービスの特徴

スマホでメッセージを送る手段は、ウェブメールやチャットアプリだけではありません。

SMSやMMS、iMessageなどを使えば、手軽にメッセージをやり取りできます。またSMSを利用できるメッセージアプリなら、さらに便利なコミュニケーションができるでしょう。

SMSは電話番号宛に短い文章を送れる

SMS(ショートメッセージサービス)は相手の電話番号宛に、チャット形式で短いメッセージを送れるサービスです。電話番号だけ知っている相手とやり取りできるほか、ウェブサービスの個人認証にも使われます。

SMSを利用する上での注意点

SMSでは1回に送信できる文字数に制限があり、送信の際に料金が発生します。70文字までは3円、以後文字数に応じて料金も上がり、最大で670文字30円に。

またやり取りできるのは原則として文字だけ。画像の送受信は別方式のMMSに切り替わったり、お互いに同じアプリをインストールする必要があったりします。

なお通信会社独自のサービスのため、MVNO(いわゆる格安SIM)での利用はできません。

MMSはメールアドレスを利用して幅広いファイルを送れる

MMSはauやソフトバンクといった通信会社が発行したアドレス(@ezweb.ne.jpなど)宛にメッセージを送信するサービス。キャリアメールとよく似ていますが、こちらはメッセージアプリからも開けるのが特徴です。

SMSとは異なり、画像や音声などの幅広いファイルを送信できます。また料金はパケット通信料に含まれているため、追加で通信料が発生することはありません。

なおキャリアの中でも、ドコモだけはMMSに対応していません。ドコモユーザーはメールアプリか、後述のiMessageを使いましょう。

iMessageはApple製デバイス間でメッセージを送れる

iMessageはiPhoneでのみ使えるメッセージサービス。機能はMMSと似ており、画像や長文を送信できます。iPhoneに限らず、iOSを搭載したデバイスなら同じアカウントを共有して使えるのが特徴です。

こちらも通信料はパケット通信料に合算できるので、実質無料で利用できます。またスタンプが充実しており、よりチャットに近い手軽な使用感です。

iMessageは宛先によってSMSやMMSに切り替わる

iMessageはiPhoneをはじめiOSを搭載したデバイス同士でしか利用できません。Androidなどの端末とやり取りする場合は、自動的にSMSやMMSに切り替わる仕組みになっています。

切り替わる先は宛先によって変わり、メールアドレス宛ならMMS、電話番号宛ならSMSとなります。なお電話番号宛であっても、画像などを送信する場合にはMMSに切り替わります。

メッセージアプリのメリット

メッセージアプリでは電話帳から相手を選び、電話番号宛にSMSを送信できます

さらに同じアプリ同士なら長文も送れるほか、画像や動画を送信可能。通信料はパケットに含まれるため、料金もかからなくなります。なお違うアプリに送信する場合は、通常通り料金が発生するので要注意です。

加えてグループチャットやスタンプなど、アプリによって独特な機能も備えています。ビジネスから日常のやり取りまで、幅広く活躍してくれるでしょう。

メッセージチャット系のアプリとの違いは?

LINE』などのチャット系のアプリは通信回線を利用するため、基本的に送受信の際に料金が発生しません。また電話番号を知らなくてもやり取りできる手軽さもメリットです。

逆に相手も同じアプリをインストールしていないとやり取りできないので、場合によっては新たにダウンロードする手間がかかることも。

その点メッセージアプリは電話番号さえ分かればメッセージ送信が可能です。

SMSアプリの選び方

無料で利用できるアプリを選ぶ

SMSを利用する場合、送信のたびに料金が発生します。しかし多くの場合、同じアプリ宛であればパケット料金で送信可能。通信料をパケット定額プランに含められるので、同アプリ間なら実質無料です

+メッセージ』は多くのAndroid端末にプリインストールされているので、通信料のために相手に同じアプリをダウンロードしてもらう手間も減ります。

またメッセージアプリのスタンプやテーマはほとんどが有料ですが、中には無料で使えるものも。無料で選べる幅が広ければ、それだけ気軽にメッセージを楽しめるでしょう。

画像や動画を送信できるアプリを選ぶ

文字だけではうまく説明できなかったり、メッセージが殺風景になってしまったりすることも。そんな時に便利なのが、画像や動画の送受信。

ほとんどのアプリでスムーズに画像や動画を送れるほか、中には音声メッセージやPDF、連絡先を送信できるアプリもあります。また『+メッセージ』では地図情報も送れるので、目的地の共有などに便利です。

メッセージの既読機能がついたアプリを選ぶ

大事なメッセージを送った時には、相手が読んだかどうかの確認が特に重要。『メッセージ』のように既読機能があれば、相手がメッセージを見たことを知らせてくれます

相手の対応を待ってもどかしい思いをせずに済むほか、相手に連絡した証拠にもなりますから、あるに越したことはないでしょう。

ブロック機能などの迷惑メッセージ対策で選ぶ

わずか11桁の数字という電話番号は、どうしてもメールアドレスに比べてセキュリティ的に脆弱。悪徳業者から詐欺まがいのメッセージが届いてしまうこともあります。

そこで『メッセージ』など、ユーザーをブロックする機能があるアプリを選べば、迷惑なユーザーからのメッセージを非表示にできます。

加えて『+メッセージ』では、ブロックだけでなく通報も可能。より根本的な対処ができるでしょう。

便利な機能がそろっているアプリを選ぶ

機能のシンプルさが強みのSMSですが、他にも便利な機能があれば、ダウンロードするメリットもより大きくなります。連絡の面では『Rakuten Link』の無料通話など、より柔軟にコミュニケーションできる機能がオススメ。

また企業の公式アカウントから最新情報を受け取ったり、ポイントサービスと連携したりといった独特な機能も。自分がよく使う機能があるものを選ぶとよいでしょう。

スタンプがあればより会話もにぎやかに

メッセージ』をはじめ、メッセージの送信時に、スタンプやGIFアニメを送信できるアプリも。

総じて『LINE』などのチャットアプリに比べると幅は少ないですが、ポップでかわいいデザインが多め。会話を盛り上げ、和やかなやり取りができます。

グループチャット機能があれば複数人で会話もOK

Rakuten Link』などにはグループチャット機能があり、複数の相手に連絡ができます。繰り返し送信しなくていいので、仕事のグループやサークルへの連絡の際には特に便利。

ただし基本的には同じアプリでないと、グループへの招待はできません。相手も同じアプリを使っているかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

音声メッセージがあれば文字以外の情報も伝えられる

SMS用メッセンジャー』などを使えば、録音した内容を音声メッセージとして送信できます。

内容を音声で伝えたいけれど、電話できるほど時間がない……といった場合でも安心。取り急ぎ音声だけ送って、相手の都合がいいときに確認してもらえます。口頭での説明をしたい場合には心強い機能でしょう。

SMSの送信方法

iPhoneでの手順(デフォルトアプリの場合)

1. ホーム画面から『メッセージ』アプリをタップ。

2. 右上にある青色の「新規作成」ボタンをタップ。

3. 宛先に電話番号を入力、または「+」で電話帳から宛先を追加。

4. 画面下部の入力欄にメッセージを入力。

5. 矢印アイコンをタップして送信(アイコンが青ならSMS / MMSで、緑ならiMessageで送信されます)。

6. メッセージと送信日時が表示されていれば送信完了(「!」が表示されている場合はエラーなので、宛先や電波状況を確認してください)。

Androidでの手順(デフォルトアプリの場合)

※デフォルトで入っているアプリは端末により異なる場合があります。
1. ホーム画面から『メッセージ』アプリをタップ。

2. 右下の「チャットを開始」をタップ。

3. 画面上に宛先を入力、または電話帳から宛先を選択。

4. 画面下部の入力欄にメッセージを入力。

5. 青い紙飛行機のアイコンをタップして送信。

6. メッセージと送信日時が表示されていれば送信完了(エラーメッセージが表示される場合は、宛先や電波状況を確認してください)。

メッセージに画像を添付する方法

通常SMSでは画像を添付できません。しかしアプリの使い方次第では、メッセージに画像を添付する方法もあります。電話番号だけでもスムーズにやり取りができるでしょう。

iPhoneでメッセージに画像を添付する方法

iPhone同士のやり取りであれば、iMessageを使って画像を送信できます。Androidなどそれ以外の端末向けであれば、MMSに切り替わって送信されます。

Androidでメッセージに画像を添付する方法

Androidでは『メッセージ』をはじめ、プリインストールされているアプリであれば画像添付ができます。ただし相手も同じアプリをインストールしている必要があるため、事前に確認はしておきましょう。

またSMSをやり取りするアプリではありませんが、チャットや無料通話のできる『ハングアウト』でも添付が可能。こちらも相手が同じアプリを使う必要はあるものの、Googleアカウントで登録できるので手間は少ないです。

既読表示をオン / オフする方法

多くのメッセージアプリでは、送ったメッセージを相手が読んだかどうか、既読表示でわかるようになっています。

しかし自分がメッセージを受信した際には、相手にメッセージを読んだか知られたくない場合もあります。そんなときには設定次第で、相手に既読かどうかを表示させないようにもできます。

iMassageで既読表示を設定する手順

まずiPhoneの設定画面を開いて「メッセージ」を選択します。次に「開封証明を送信」の横にあるスイッチをオフにすると、相手に既読通知が届かなくなります。

『+メッセージ』からは既読表示オフの機能が削除

かつては『+メッセージ』も既読表示のオン / オフができましたが、2021年現在は該当機能が削除されています。

他のAndroidのメッセージアプリも同じく既読表示のオン / オフ機能はないため、Androidでは今のところ既読か未読かの状態は相手に隠せません

SMSは設定からオフにできる

iPhoneの場合、料金のかかるSMSは利用せずiMessageだけ使いたいことも。そんなときは設定からメッセージを開き、SMSをオフにすれば、iMessageからSMSに切り替わらないようにできます

iPhoneの設定画面から「メッセージ」を開く。「SMSで送信」をオフにすれば、SMSを利用せずやり取りできる。

回線によってはSMSが使えない

SMSは通信会社が独自に提供しているため、格安SIMなどの回線では利用できません。ただし一部の業者では、有料のオプションに加入すればSMSを利用できるようになります。

格安SIMでSMSを利用したい場合、オプションがあるかは事前にチェックしておきましょう。

またメールやチャットアプリをメインで使うのも手段のひとつ。おすすめのメールアプリはメールアプリ無料ランキング、おすすめのチャットアプリはチャットアプリ無料ランキングに掲載されているので、ぜひ参考にしてみてください。

よくある質問

SMSアプリでどんなことができる?

SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール)では端末の電話番号宛に、簡単なメッセージを送信できます。iOSなら『メッセージ』、Androidなら『メッセージ』または『+メッセージ』がスマホに最初から入っている場合がありますが、他のアプリではグループ会話やビデオ通話など、より便利な機能も使えます。

SMSの送受信に料金はかかるの?

送信の際の料金は1回全角70文字までで3円、134文字までで6円。以降は67文字ごとに3円ずつ加算され、最大670文字で30円がかかります。また海外向けに国際SMSも送れますが、50~500円と高額になるので注意。なお、受信はいずれも無料です。

SMSに画像やスタンプは添付できる?

+メッセージ』であれば、画像の添付も行えます。スタンプも送信できますが幅は狭いので、より自由にコミュニケーションが取りたければ『LINE』などのチャットツールがオススメです。

フィーチャーフォン(ガラケー)でSMSを使うには?

キャリアや機種によって細かな操作は異なりますが、おおむね以下の操作でフィーチャーフォンからもSMSを送信できます。
1. 「メール」のメニューから「SMSを送る」を選んで新規作成
2. 電話番号を入力するか、電話帳から宛先を選択
3. 文章を入力したら、送信ボタンを押して送信

PCでSMSを使うには?

アプリは限定されますがスマホと連携することで、PCからもSMSを利用できます。iPhoneとAndroidで、それぞれ操作が異なります。

【iPhone】
MacのPCのみ連携できます。PCでメッセージを起動し、Apple IDでログインして使います。
詳しくはApple サポート

【Android】
Googleの提供する『メッセージ』アプリでのみ連携が可能です。PCのブラウザでPC版メッセージを開き、QRコードでスマホ側のアプリを認証します。
詳しくはMessagesヘルプ

SMSとMMS、iMessageの違いは?

SMSは文字だけを送信できます。MMS(マルチメディアメッセージングサービス)は画像などのファイルを添付できますが、auとソフトバンクの端末のみの対応となります。またMMSには相手のメールアドレスが必要です。iMessageは無料で送受信ができますが、Apple端末同士でだけメッセージをやり取りできます。

どんな機能があると便利?

相手がメッセージを読んだかどうかをチェックできる、既読機能があるアプリは便利です。また画像の送信機能があると、やり取りがスムーズな場合も。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });