【2022年】自転車ナビアプリ無料おすすめランキングTOP10 ルート検索の決定版

【2022年】自転車ナビアプリ無料おすすめランキングTOP10 ルート検索の決定版

2022年7月26日14:45更新

普段使っているスマートフォンにダウンロードするだけという手軽さが魅力の自転車ナビアプリ。日常利用からサイクリング、トレーニングなど目的に応じてアプリを選びたいところ。事前にそれぞれのアプリの特徴を知っておけば、自分に合ったアプリを選べます。

この記事では自転車ナビアプリの機能の充実度、操作性、地図の見やすさを総合的に評価したランキングを紹介します!

※ランキングは、人気、おすすめ度、レビュー、評価点などを独自に集計し決定しています。

自転車ナビアプリおすすめランキングTOP10

1

自転車NAVITIME

総合評価
4.86
iOS無料
Android無料
注目ポイント

自転車ナビに特化 これ一つでサイクリングを楽しもう

4.92
機能の充実度

画面OFFナビなど、自転車案内に特化した様々な機能が充実

4.75
操作性

目的地入力、検索など直感的にタップできる

4.93
地図の見やすさ

コントラストがはっきり。建物名もこまかく表記あり

機能

アプリジャンル ナビゲーション
ルートパターン 推奨ルート、距離が短いなど全7種類
計測機能 距離、時間、消費カロリー
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
オフライン使用 不可
音声ナビ あり
シェア機能 あり
対応OS iOS 14.0~
Android(デバイスによる)
Check!

こんな人におすすめ

7種のルートパターンを搭載。状況に合わせてルートを変えたい人におすすめ

2

マップ

総合評価
4.45
iOS無料
Android-
注目ポイント

便利な写真表示機能付き 目的地をしっかり把握

4.59
機能の充実度

音声ガイダンスや写真表示などで移動がより簡単に

4.19
操作性

広告表示がなくアイコンもはっきりしていてタップしやすい

4.50
地図の見やすさ

番地名も表記されており、現在地の確認も便利

機能

アプリジャンル ナビゲーション
ルートパターン 最短ルート、分岐点が少ないなど
計測機能 距離、時間
利用料金 完全無料
オフライン使用 不可
音声ナビ あり
シェア機能 あり
対応OS iOS 10.0~
Check!

こんな人におすすめ

シンプルな操作性と必要十分な情報量。目的地に迷わずたどり着きたい人向け

3

キョリ測

総合評価
4.37
iOS無料
Android無料
注目ポイント

消費カロリー表示が魅力 ダイエッターでも楽しく使える

4.35
機能の充実度

消費カロリーの設定を性別、年齢などで細かく表示できる

4.23
操作性

保存した経路をワンタップで共有できるのが便利

4.88
地図の見やすさ

建物名も細かく表記してあり、フォントも見やすい

機能

アプリジャンル ナビゲーション
ルートパターン 移動ルートはユーザーが指定
計測機能 距離、時間、消費カロリー
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
オフライン使用 不可
音声ナビ なし
シェア機能 あり
対応OS iOS 11.0~
Android 5.0~
Check!

こんな人におすすめ

消費カロリーをおにぎり何個分かで表示。ダイエッターにとってうれしいアプリ

4

フットパス・ルートメーカー

総合評価
4.26
iOS無料
Android無料
注目ポイント

指でなぞって適正ルートを案内 アウトドア用ナビアプリ

4.24
機能の充実度

徒歩、ジョギング、自動車など様々な移動手段に使える

4.43
操作性

指で地図をなぞって適正ルートを案内してくれる

3.86
地図の見やすさ

道路表示はくっきりしているが、細かい住宅名の表記なし

機能

アプリジャンル ナビゲーション
ルートパターン 移動ルートはユーザーが指定
計測機能 距離、時間
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
オフライン使用 不可
音声ナビ あり
シェア機能 あり
対応OS iOS 14.0~
Android 8.0~
Check!

こんな人におすすめ

移動ルートを指でなぞる機能が便利。アウトドアなどのシーンで使いたい人

5

ここ地図

総合評価
4.20
iOS無料
Android無料
注目ポイント

目的地をマーカー表示 迷っても進む方向がすぐ分かる

3.93
機能の充実度

ナビ機能は優秀だが、ルート案内は1種類しかない

4.62
操作性

場所を入力後、移動手段をタップして案内表示が簡単

4.33
地図の見やすさ

シンプルかつ必要充分な地図機能

機能

アプリジャンル ナビゲーション
ルートパターン 移動手段ごとに推奨ルート1種類
計測機能 距離、時間
利用料金 完全無料
オフライン使用 不可
音声ナビ なし
シェア機能 なし
対応OS iOS 13.0~
Android 5.0~
Check!

こんな人におすすめ

位置情報認識にすぐれたナビアプリ。道に迷いやすい人でも迷わず目的地へ

6

Cyclemeter

総合評価
4.17
iOS無料
Android無料
注目ポイント

データ情報を細かく管理 本格的なサイクリングにはこれ

4.45
機能の充実度

グラフ、カレンダー、サマリーなど統計情報で管理できる

3.58
操作性

操作しやすい画面設定だが、機能が多く複雑

4.50
地図の見やすさ

Appleマップ搭載で安定した見やすさ

機能

アプリジャンル ヘルスケア/フィットネス
ルートパターン 移動ルートはユーザーが指定
計測機能 距離、時間、スピード、心拍数など
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
オフライン使用 不可
音声ナビ なし
シェア機能 あり
対応OS iOS 12.3~
Android 6.0~
Check!

こんな人におすすめ

サイクリング用データ管理アプリ。正確に自分の記録を管理したい人におすすめ

7

トラベルコ マップ

総合評価
4.09
iOS無料
Android無料
注目ポイント

オフラインで地図確認 通信量を気にせずナビ案内 

4.45
機能の充実度

オフライン地図閲覧機能やスポット登録機能が便利

3.55
操作性

操作性は問題なし。自転車案内機能に特化していない

3.87
地図の見やすさ

ルート表示は問題なし。住宅名の精度に欠ける

機能

アプリジャンル 旅行
ルートパターン 推奨ルート1種類
計測機能 距離、時間
利用料金 完全無料
オフライン使用 可能
音声ナビ なし
シェア機能 なし
対応OS iOS 13.0~
Android 8.0~
Check!

こんな人におすすめ

オフラインルート検索機能が特徴。バッテリー消費が心配な人でも大丈夫

8

ゼンリンいつもNAVI

総合評価
3.93
iOS無料
Android無料
注目ポイント

見やすさに特化した地図機能 自転車移動もスムーズに

4.25
機能の充実度

消費カロリーも確認できる自転車ルート機能が魅力

3.44
操作性

地図画面の操作性はいい。同じ画面でナビできるとなおいい

3.77
地図の見やすさ

くっきりとしたフォントだが、入り組んだ道路が見づらい

機能

アプリジャンル ナビゲーション
ルートパターン 自転車は推奨ルート1種類
計測機能 距離、時間
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
オフライン使用 不可
音声ナビ あり
シェア機能 なし
対応OS iOS 8.0~
Android 5.0~
Check!

こんな人におすすめ

見やすさに特化した地図がポイント。細かい建物情報なども把握したい人向け

9

Strava

総合評価
3.80
iOS無料
Android無料
注目ポイント

GPSで距離を記録 トレーニング仲間と競い合おう

4.10
機能の充実度

水泳、トレーニングなどサイクリング以外の種目もカバー

3.60
操作性

アプリはサクサク動くが、使い方に慣れが必要

2.89
地図の見やすさ

細かい道路名や建物名は表記されていない

機能

アプリジャンル ヘルスケア/フィットネス
ルートパターン 推奨ルート1種類
計測機能 距離、時間、速度、心拍数
利用料金 基本無料 / アプリ内課金あり
オフライン使用 不可
音声ナビ なし
シェア機能 あり
対応OS iOS 24.0~
Android(デバイスによる)
Check!

こんな人におすすめ

走行距離をGPSで記録。トレーニング結果を仲間と競いたい人にぴったり

10

バイクコンピュータ

総合評価
3.65
iOS-
Android無料
注目ポイント

大きなフォント表示 シンプル操作で使いやすい 

3.53
機能の充実度

時間や距離の測定ができるが、GPS機能に難あり

4.15
操作性

アプリアイコンも大きく、計測は簡単にできる

2.78
地図の見やすさ

現在位置確認の地図表示に難あり

機能

アプリジャンル 健康/フィットネス
ルートパターン 移動ルートはユーザーが指定
計測機能 距離、時間、速度、消費カロリー
利用料金 完全無料
オフライン使用 不可
音声ナビ なし
シェア機能 なし
対応OS Android 4.4~
Check!

こんな人におすすめ

振り返りに便利な履歴機能。サイクリングデータを見やすく管理したい人

人気自転車ナビアプリの比較一覧表

順位 アプリ 総合評価 こんな人におすすめ アプリジャンル ルートパターン 計測機能 利用料金 オフライン使用 音声ナビ シェア機能 対応OS
1
自転車NAVITIME

4.86

7種のルートパターンを搭載。状況に合わせてルートを変えたい人におすすめ ナビゲーション 推奨ルート、距離が短いなど全7種類 距離、時間、消費カロリー 基本無料 / アプリ内課金あり 不可 あり あり iOS 14.0~
Android(デバイスによる)
2
マップ

4.45

シンプルな操作性と必要十分な情報量。目的地に迷わずたどり着きたい人向け ナビゲーション 最短ルート、分岐点が少ないなど 距離、時間 完全無料 不可 あり あり iOS 10.0~
3
キョリ測

4.37

消費カロリーをおにぎり何個分かで表示。ダイエッターにとってうれしいアプリ ナビゲーション 移動ルートはユーザーが指定 距離、時間、消費カロリー 基本無料 / アプリ内課金あり 不可 なし あり iOS 11.0~
Android 5.0~
4
フットパス・ルートメーカー

4.26

移動ルートを指でなぞる機能が便利。アウトドアなどのシーンで使いたい人 ナビゲーション 移動ルートはユーザーが指定 距離、時間 基本無料 / アプリ内課金あり 不可 あり あり iOS 14.0~
Android 8.0~
5
ここ地図

4.20

位置情報認識にすぐれたナビアプリ。道に迷いやすい人でも迷わず目的地へ ナビゲーション 移動手段ごとに推奨ルート1種類 距離、時間 完全無料 不可 なし なし iOS 13.0~
Android 5.0~
6
Cyclemeter

4.17

サイクリング用データ管理アプリ。正確に自分の記録を管理したい人におすすめ ヘルスケア/フィットネス 移動ルートはユーザーが指定 距離、時間、スピード、心拍数など 基本無料 / アプリ内課金あり 不可 なし あり iOS 12.3~
Android 6.0~
7
トラベルコ マップ

4.09

オフラインルート検索機能が特徴。バッテリー消費が心配な人でも大丈夫 旅行 推奨ルート1種類 距離、時間 完全無料 可能 なし なし iOS 13.0~
Android 8.0~
8
ゼンリンいつもNAVI

3.93

見やすさに特化した地図がポイント。細かい建物情報なども把握したい人向け ナビゲーション 自転車は推奨ルート1種類 距離、時間 基本無料 / アプリ内課金あり 不可 あり なし iOS 8.0~
Android 5.0~
9
Strava

3.80

走行距離をGPSで記録。トレーニング結果を仲間と競いたい人にぴったり ヘルスケア/フィットネス 推奨ルート1種類 距離、時間、速度、心拍数 基本無料 / アプリ内課金あり 不可 なし あり iOS 24.0~
Android(デバイスによる)
10
バイクコンピュータ

3.65

振り返りに便利な履歴機能。サイクリングデータを見やすく管理したい人 健康/フィットネス 移動ルートはユーザーが指定 距離、時間、速度、消費カロリー 完全無料 不可 なし なし Android 4.4~

自転車ナビの種類

スマホのナビアプリと自転車用のGPSナビがある

自転車ナビの種類はスマートフォンにナビアプリをダウンロードするタイプと、自転車用GPSナビを購入するタイプの2パターンです。

スマホナビアプリのメリットは、普段使っているスマホにダウンロードするだけという手軽さ。日常利用であれば無料で問題なく使えるアプリが多く、地図表示や道案内、走行データ管理など様々な機能を体験できます。

自転車用GPSナビはアプリと比較すると初期費用がかかりますが、豊富なルートパターンや、バッテリーの持ちがいいといった点が魅力。

求める機能性や、かけられる初期費用に合わせて選んでみてください。

手軽にナビしてくれるスマホのナビアプリがおすすめ

自転車用のGPSナビを購入するには数千円から数万円の費用がかかります。日常利用であれば、まずは手軽に導入できて費用が最小限で済むスマホのナビアプリがおすすめ。

使っている過程で本格的なレースに挑戦したいときなどには、GPSナビの購入も検討するといいでしょう。まずは手軽に使えるスマホナビアプリにしぼって、目的に合った選び方を見ていきましょう。

▲『自転車NAVITIME』は目的地を入力すると、推奨ルートや大通り優先など7種のルートを表示してくれる。

自転車ナビアプリの選び方

ルートパターンの多さでアプリを選ぶ

ルートパターンが複数あれば、そのときの状況やシーンに合わせて最適なルートを選択できます。たとえば急ぎの場合は距離が短いや裏通り優先、坂道を避けたい場合は坂道が少ないなど、複数のルートパターンがあると便利です。

自転車NAVITIME』には推奨ルートや大通り優先はもちろん、全国150ヶ所対応のサイクリングロードに対応した「サイクリングロード優先」などのルートパターンがあります。

消費カロリーが表示されるかを確認する

ダイエットをしている人にとって消費カロリーは気になるもの。毎日の消費カロリーを確認して記録しておけば、ダイエットのモチベーションアップにもつながります。

消費カロリーの数値だけでイメージしづらい人は、身近な食べ物で消費カロリーを表示してくれるアプリが便利。『キョリ測』は移動距離の消費カロリーをおにぎり何個分かで表示してくれる、ダイエッターにうれしいアプリです。

▲『キョリ測』は移動距離の消費カロリーをおにぎり何個分かで表示。あんぱんやクッキーなどにも変更可能。

計測機能の充実度をチェック

日常利用のナビを目的にするか、トレーニングなど本格的なサイクリングを目的にするかでアプリの選び方も異なります。日常利用であればシンプルな操作性のアプリがよくても、本格的なサイクリングを目的にする人には物足りなさを感じることも。

いずれにせよ操作性が良く、計測機能が充実していれば、趣味からトレーニングまで幅広く使えます。特にサイクリング上級者は走行距離や時間、心拍数などを計測、記録できるアプリを選ぶのがいいでしょう。

音声ナビやバイブ通知があれば安全な自転車走行が可能に

自転車に乗りながらアプリ画面を確認するのは事故の危険がともないます。そのようなケースで便利なのが音声ナビやバイブ通知機能

自分の走るコースに合わせて音声や振動でルート案内をしてくれるので、より自転車走行に集中できます。大通りなど交通量の多い道路を走ることも考えると、音声ナビの音量を好みの大きさに調節できるかをチェックしてアプリを選ぶといいでしょう。

自転車以外のナビ機能があるアプリも

ナビアプリのジャンルは自転車利用に特化したもののほか、徒歩、車、自転車など複数のナビ機能がついているものもあります。

日常の移動手段が自転車メインの人には『自転車NAVITIME』のような自転車特化型アプリがおすすめです。また複数の移動手段を利用する人は、『ここ地図』のように徒歩から電車まで幅広く選択できるアプリがいいでしょう。

オフラインで使えるとバッテリーの節約に

スマホナビアプリを使うときに心配なのがバッテリー消費や通信量の問題。GPSを利用するので思いのほか早くバッテリーが減り、継続的に使うことで通信量も増えていきます。

スマートフォンのバッテリー消費や通信量が気になる人は、オフライン機能があるアプリを選びましょう。『トラベルコ マップ』は事前に利用する地域の地図をダウンロードしておけば、オフラインで地図表示してくれる便利なアプリです。

▲『トラベルコ マップ』は事前に地図をダウンロードしておけば、オフラインで地図表示が可能。

記録やルートを仲間とシェアできるものを選ぶ

サイクリングやトレーニング目的でアプリを使う場合は、シェア機能があるものがおすすめです。自分一人では続かないことも、データや記録を仲間と共有することでやる気につながる人もいるでしょう。

Cyclemeter』はサイクリングに特化した記録型アプリ。スピードや心拍数をデータとして記録してくれるだけでなく、アクティビティを共有できる機能が魅力です。

課金が必要かどうかをチェック

スマホナビアプリには完全無料で使えるものと、全ての機能を使うには課金が必要なものがあります。自分の使いたい機能が無料で利用できるかはあらかじめチェックしておくといいでしょう。

マップ』はシンプルな機能性と豊富な情報量を両立する完全無料アプリ。ユーザーにとって、目的地検索のシーンで使い勝手の良さが魅力です。

スマホホルダーの選び方

自転車ナビアプリを利用して走行するときは、スマホホルダーもマストです。スマホサイズやハンドル形状などに合わせて自分に合ったスマホホルダーを選びましょう。

自分のスマホサイズに合うものを選ぶ

スマホホルダーに安定して固定できれば、落下のリスクが防げます。特に路面の悪い道を走行することが多い人はしっかりとした安定感を目安にスマホホルダーを選びましょう。

また複数のスマホを使うケースや機種変更などの場合も想定して、幅広い対応サイズがあるとより便利です。

自転車のハンドルにフィットするかを確認する

自分が乗っているハンドルの形状にフィットするかをチェックしておきましょう。ネジで固定するフックタイプはスマホ本体の安定性は高いものの、ハンドルに固定できず、ぐらついてしまうことも。

ハンドル取り付け部分がラバーになっているものであれば、様々なハンドルの形状に合わせて調整できるのでおすすめです。

四隅固定タイプであれば路面が悪くても安心

山道や舗装されていない道路を走行するケースでは、スマホの四隅をしっかりと固定できるものがおすすめです。

さらにスマホをカバーするタイプのスマホホルダーは安定性が高く、汚れもつきにくいのでアウトドアシーンなどでも使えます。

クリップタイプであれば取り外しが楽にできる

街乗りメインであれば取り外しが楽にできるクリップタイプが便利です。ちょっとしたお買い物やコンビニ利用、通学通勤時など、スマホの着脱に手間取りたくないときも多いでしょう。

しっかりとした固定性を保ちながら、ワンタッチで取り外せるものもあるので用途に合わせて選んでみてください。

防水機能があれば急な天候の変化でも大丈夫

外出時には急な雨なども想定しておきたいところ。近年のスマホには防水性能がついているものが多いですが、防水スマホホルダーがあればより安心に。

スマホをすっぽりと覆う形で雨を防ぎながらタッチパネルを操作できます。操作性に関しては多少落ちることもありますが、水滴や汚れが気になる人は検討してみてもいいいでしょう。

スマホホルダーをつけたまま充電できるかをチェック

ナビアプリはGPSを使うので、通常利用時に比べバッテリー消費が早くなりがちです。そのようなときに便利なのが、スマホホルダーをつけたまま充電できるかどうか。

メーカーによってはモバイルバッテリー付きのスマホホルダーも販売中です。自転車に乗りながらスマホ充電できるので、バッテリー切れの心配なく走行に集中できます。

よくある質問

スマホホルダー以外の自転車便利グッズは何があるの?

スマホホルダーと合わせて、充電できるモバイルバッテリーを用意しておくといいでしょう。メーカーによって複数回充電可能や急速充電対応など機能は様々です。自分の利用目的に合わせてチョイスしてみてください。

スマホのバッテリー消費をおさえるにはどうすればいいの?

少し費用がかかってしまいますが、メインのスマホとは別にナビ専用のスマホを購入するのもおすすめです。トラブルでメインのスマホが故障してしまうことも考えられるので、なにかと重宝することも。

「タフネススマホ」で検索すると、アウトドアなどの過酷なシーンでも使えるスマホが見つかるので検討してみてもいいでしょう。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });