【2024年】緊急地震速報アプリおすすめランキングTOP10

更新日:2024年5月15日14:17

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

緊急地震速報アプリは、地震があったときに通知で震度や震源地を知らせてくれるというもの。スピーディーに避難行動を取るためにも、ひとつはインストールしておいたほうがいいでしょう。

本記事では緊急地震速報アプリをランキング形式で紹介しています。選び方を参考にしつつ、自分に合うものを見つけてください。

緊急地震速報アプリおすすめランキングTOP10

22件中/1~10位をおすすめ順で表示
1

Yahoo!防災速報

iOS無料
Android無料
注目ポイント

事前の対応が後を左右する まずはアプリから防災対策を始めよう

良い点
  • 地震や津波など、災害情報をいち早くキャッチ。迅速な対応ができる
  • 防災タイムラインで、住んでいる地域の想定危険度を確認
  • 自宅、実家、勤め先など、最大で3ヶ所まで通知したい場所を登録可能
気になる点
  • 天気予報をチェックする機能がない
  • 雨雲レーダーなどがなく、普段づかいできない
注目ポイント

重要なニュースを速報でお届け 災害や事故の情報を手早くキャッチできる

良い点
  • 重大なニュースを速報でお知らせ
  • 地域の事故や事件をマップ上に表示できる
  • 天気や事故情報を投稿すればポイントがもらえる
気になる点
  • 地域を指定しても、地域ニュースは絞り込めない
  • 速報リストには緊急性の低いニュースもある
3

特務機関NERV防災

iOS無料
Android無料
注目ポイント

地震、津波、噴火 あらゆる防災情報を、特務機関NERVがお知らせ

良い点
  • 「エヴァンゲリオン」シリーズでお馴染み。特務機関NERVの防災アプリ
  • 気象業務支援センターから受け取った、信憑性の高い情報を配信!
  • 災害が起きたら通知でお知らせ。地震・津波情報を掲載
気になる点
  • 雨が何分頃止むかなどは教えてくれない
  • 洗濯物の乾く速さなどには未対応
4

NHK ニュース・防災

iOS無料
Android無料
注目ポイント

天気・災害情報をいち早くお届け 速報やライブ配信で防災に備えられる

良い点
  • 地域の災害の注意報・警報を見られる
  • 雨雲レーダーやハザードマップを見られる
  • ライブカメラで各地の映像をリアルタイムに確認
気になる点
  • 防災以外の記事は少ない
  • オフラインでは記事は読めるが、災害情報は見られない
注目ポイント

災害に備えて用意しておきたい あなたと大事な家族を守る命綱

良い点
  • 緊急災害警報と連動。災害時、通信が困難になる前に居場所を自動で共有
  • グループチャット搭載。一人ずつ電話よりもすばやく情報共有可能
  • 災害&警報の確認もアプリで可能。近くの避難所までのルート検索も
6

P2P地震情報 モバイル

iOS無料
Android無料
注目ポイント

全国の地震情報をリストアップ プッシュ通知で緊急時の対策もバッチリ

良い点
  • 日本全国の地震情報や速報をリスト化して知らせてくれる災害情報アプリ
  • 震度をマップ上に表示。震度別に地域も一覧できるのでわかりやすい
  • 地震発生時にはプッシュ通知でお知らせ。通知の有無は細かに設定できる
7

震度Now! - 地震速報

iOS無料
Android-
注目ポイント

災害時に活躍 ボタン1つで現在地の画像&住所を家族に送信

良い点
  • 発生時刻・震源地・マグニチュードを一覧表示。サクッと確認できる
  • 「今ココ!」機能搭載。災害時に自分の位置を画像&住所付きで送信可能
  • スライドバーを移動させ、1時間前までの地震情報を見られる
8

ゆれくるコール

iOS無料
Android無料
注目ポイント

緊急地震速報がスマホに届く ユーザーの安否情報もマップに表示

良い点
  • 緊急地震速報の通知アプリ。予測震度と予想到達時間をお知らせ
  • ユーザーから集めた5段階の体感震度がわかる
  • 状況別の避難方法など、地震が発生したときに役立つ防災知識もあり
気になる点
  • 無料版では、地点をピンポイントで設定できない
  • 地震と津波に特化している分、そのほかの災害についてはコラムのみ
注目ポイント

本当に必要な時、きっちり地震・災害情報をあなたにお知らせ

良い点
  • 震度や雨雲レーダーなど、災害に関するマップ情報が見られる情報アプリ
  • 通知する震度を設定できるので、小さな地震でびっくりしなくて済む
  • 台風情報もマップで見られるため、事前の備えを万全にできる
10

Safety tips

iOS無料
Android無料
注目ポイント

警報が出たらすぐお知らせ 緊急時に役立つ、実用性バツグンの防災アプリ

良い点
  • 登録した地点の気象情報や警報の有無をすぐ見られる防災アプリ
  • 避難情報やコミュニケーションカードなど、被災時に役立つ機能も搭載
  • 緊急時の対応を記事として収録。災害への備えをあらかじめ学習できる
気になる点
  • 一部英語でしか読めない記事がある
  • コミュニケーションカードは文字の拡大はできない

緊急地震速報アプリを使うメリット・デメリット

緊急地震速報アプリを使うメリット

緊急地震速報アプリを持っておくと、緊急地震速報を受信しない設定になったスマホや、一部のSIMフリーのスマホでも災害をお知らせしてくれます。情報が遅れて避難行動が取れない、という事態を防いでくれるでしょう。

身の安全を守るためにも、リアルタイム通知をオンにして使うのがおすすめです。

緊急地震速報アプリを使うデメリット

緊急地震速報アプリのほとんどはインターネットに依存しています。災害時はネットがつながりにくいことも多いため、肝心なときに使えないなんて事態も。

またアプリによっては誤報があったり、デマの情報を流されたりすることもあります。混乱を招かないためにも、アプリ選びは信頼できるものを慎重に選びましょう。

緊急地震速報アプリの選び方

ここでは地震アプリの選び方を紹介しています。ランキングを見ながら、自分が欲しい機能が備わっているかチェックしてみてください。

スマホのOSが対応したアプリを選ぶ

アプリを選ぶ際は、アプリが自分のスマホのOSに対応しているかチェックしましょう。Google Play ストア、またはApp Storeからアプリの対応OSが見られます。

OSが対応していないとそもそもアプリが使えないので、間違えることは少ないはずです。

情報のスピードが速いアプリがおすすめ

なるべく情報を早くキャッチできるアプリを選ぶことで、震災が起きたときに迅速な対応ができるようになるでしょう。震源地や震度の情報のほか、津波や停電などが起きていないか、スピーディーに知らせてくれるアプリがおすすめです。

避難場所がわかるといざというときに便利

マップ上で避難場所がチェックできるアプリを持っておくと、現在地で大規模な震災が起こったときにすぐ避難できるでしょう。住んでいる地域以外に、外出・旅行先で災害に合ったときも、避難場所がすぐにわかれば安心です。

情報が正確なアプリを選ぶ

気象庁など、情報元が信頼できるアプリを選べば、デマに踊らされる心配もありません。TwitterなどのSNSは情報量が多く現場の状況をキャッチしやすいのが魅力ですが、誰でも投稿できるため信ぴょう性に欠ける部分も。

間違った情報をつかまないためにも、情報元がしっかりしたアプリを使うのがいいでしょう。

緊急地震速報アプリのよくある質問

緊急地震速報アプリは無料で使える?

ほぼすべてのアプリが無料で使えます。課金要素がないアプリも多く、完全無料で災害情報をチェックできます。

ほかの機能はある?

地震のほかに、洪水や土砂崩れ、津波や落雷といった災害情報が見られるアプリが多いです。また防犯ブザー機能付きのものがあり、不審者対策にもなります。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539159345901-0') })
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });