【2024年】後払いアプリおすすめランキングTOP10

更新日:2024年5月22日11:04

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。

後払いアプリを使えば、手持ちのお金がなくても買い物ができます。スマホひとつで簡単に決済ができるため、現金やクレジットカードを持ち歩く必要なし。審査に必要な項目が少ないこともあり、学生や収入の少ない人でも使いやすいのが特徴です。

ただし利用する上で注意したいポイントもあります。メリットとデメリット、両方をしっかりと把握した上でアプリを使いましょう。

本記事では、おすすめの後払いアプリランキングとアプリの選び方を紹介しています。

後払いアプリおすすめランキングTOP10

12件中/1~10位をおすすめ順で表示
1

PayPay-ペイペイ

iOS無料
Android無料
注目ポイント

キャッシュレス派の頼れる味方 毎日の支払いから個人間送金にも対応

良い点
  • スピーディーに支払いでき、手間のかかるおつりのやり取りが不要になる
  • 最大1.5%のポイント還元のチャンス。お得なクーポンも使える
  • デリバリー注文にも対応。手数料無料かつ、1円単位での電子送金も可能
気になる点
  • 基本的な還元率が0.5%と、そこまで高いわけではない
  • ポイントの付与まで1ヶ月かかる
注目ポイント

支払いがQRコードでスムーズに クーポンでお得なお買い物もできちゃう

良い点
  • 多くの店舗でQRコード支払いができる、『LINE』発の決済アプリ
  • 銀行口座やセブン銀行ATMなど、多くのチャージ方法に対応
  • ネットや実店舗でのお買い物で使える特典クーポンも配信してくれる
注目ポイント

dアカウントでスマホ決済 支払い簡単、dポイントも貯まる

良い点
  • 使えるお店が豊富。日常的な買い物でポイントが貯まる
  • レジでバーコードを見せるだけのかんたん決済。お財布不要
  • ポイントで支払うことも可能。利用する上限も決められる
注目ポイント

履歴や残高を共有して家計をチェック チャージ式プリペイドカード

良い点
  • 必要な分だけをカードに入金して支出を管理できるアプリ
  • ペアカードを発行すれば、夫婦やカップルにおける支出の共有に便利
  • 費目ごとに予算の設定が可能。あといくら使えるかが分かりやすい
気になる点
  • 記録できるのはプリペイドカードの出費のみ。手動での記録は不可
  • プリペイドカードが届くまでには時間がかかる
注目ポイント

ダウンロードから最短1分でカード発行 安心のプリペイドカードアプリ

良い点
  • 電話番号だけで簡単登録。手元にお金がなくてもチャージできる
  • 店舗で使えるリアルカードの発行に対応。年会費や月額利用料は不要
  • アプリから即座にカードの停止・再開ができるので、紛失時にも安心
気になる点
  • 店舗での使い方の説明がない
  • チャージの上限金額がある
注目ポイント

支出を視覚化! Visaのプリペイドカードアプリで簡単決済

良い点
  • 審査不要で即座にVisaプリペイドカードを発行可能
  • 決済ごとに最大16%ポイント還元、使えば使うほどポイント貯まる
  • リアルタイム通知と支出の自動カテゴリー分類機能も搭載されている
注目ポイント

ウルトラ便利に発行・決済 電子プリペイドカードでショッピングしよう

良い点
  • 審査不要でスグ発行。電子プリペイドカードを利用できるサービス
  • クレジットカードがなくても、VISAを利用可能なサイトで決済できる
  • お店で使える“そとなカード”も発行可能。日々のお買い物もスムーズに
注目ポイント

“推し”をクレジットカードで応援! 初めてのクレジットカードにも最適

良い点
  • 使った次の日から返済可能! 自分のペースでお金を管理しやすい
  • カードの申し込みに勤務先も口座情報も不要。最短5日でカードが届く
  • “好き”を応援できる「クラブ」。カード利用額に応じて特典がもらえる
9

Smartpay - 後払い決済

iOS無料
Android無料
注目ポイント

手数料無料で分割後払い決済できる ちょっと手元のお金が不安な時に便利

良い点
  • 手数料なしでらくらく分割支払い。ワンクリックで決済できる
  • 豊富な銀行口座やクレジットカードに対応している
  • 安全な決済ができるから、安心してショッピングできる
注目ポイント

スマホ一つで翌月支払い、分割手数料ゼロの決済サービスアプリ

良い点
  • スマホで即時決済、翌月一括支払い可能なアプリ
  • 3・6・12回の分割払いも手数料無料
  • 最短5分でバーチャルカード発行可! ショッピングがより便利に

後払いアプリのメリット

所持金がゼロ、もしくはクレジットカードがない人でも決済できるのが、後払いアプリのメリットです。後払いアプリは商品を購入した翌月以降に支払いが発生します。そのため、買い物をしているときにはお金を持っていなくても大丈夫。

支払いにはコンビニ決済や、銀行口座からの引き落としが利用可能。クレジットカードを持っていない……といった場合でも利用できるのが嬉しいポイントです。

ただし後述のデメリットで触れているように、無駄遣いには注意をする必要があります。

後払いアプリのデメリット

後払いアプリを利用するときのデメリットには下記の3つが挙げられます

後払いアプリのデメリット

  • 利用上限額が低め
  • 手数料が発生するケースもある
  • 無駄遣いをしやすくなる

後払いアプリは利用上限額が3万円から5万円ほどに設定されているタイプがほとんどです。そのため、家電製品など5万円を超える高額な商品を買うのには使えません。

また決済のたびに手数料が発生するアプリが多いため、後払いアプリの利用回数が多い人ほど、無駄な出費が増えることになります。商品購入時にはお金が減らないため、ついついあれもこれもと、必要以上の買い物をしてしまう可能性もあります。

後払いアプリの選び方

アプリのタイプから選択する

後払いアプリにはチャージ・非チャージ・キャリア決済の3タイプがあり、それぞれ使用感が異なります。それぞれの特徴は以下の通り。

後払いアプリのタイプ

  • チャージタイプ:入金した分だけしか利用できないため、使いすぎが心配な人でも安心。
  • 非チャージタイプ:利用額を後日まとめて支払うため、クレジットカード感覚で支払いが可能。
  • キャリア決済タイプ:携帯電話料金と一緒に精算。支払日が統一できて、払い忘れ防止にもつながる。

先払いをして使いすぎ防止をしたいなら、チャージタイプがおすすめ。後払いで精算がしたいなら、非チャージもしくはキャリア決済タイプを選ぶといいでしょう。

加盟店に注目して選ぶ

後払いアプリを使うなら、加盟店を見てアプリを選ぶのがおすすめ。アプリごとに利用できる店舗が異なるため、よく利用する店舗に対応しているかどうかで選ぶといいでしょう。

例えば、『Paidy』はAmazonやQoo10などの通販サイトに対応。コンビニやスーパーなど実店舗で利用したい場合には、『PayPay』『d払い』などがおすすめです。

本人確認なして使えるアプリを選ぶ

後払いアプリをすぐに使いたい人は、本人確認なしで使えるアプリがおすすめ。代表的なアプリには『バンドルカード』があります。

アプリをインストールしてすぐに決済ができるので、急な出費にも対応しやすくなっています。

携帯料金と合算できるアプリを選ぶ

支払いをより手軽にしたい人は、携帯料金と合算して決済できるアプリがおすすめ。後払いアプリは基本的にコンビニ後払いが多いため、支払いに行くのが手間になりがち。

後払い料金を携帯代と合算できれば、支払い作業も自動的に行えるためお手軽です。代表的なアプリには『d払い』があります。

上限額が高いアプリを選ぶ

高額な商品を購入する人は、利用限度額が高いアプリを選ぶといいでしょう。後払いアプリの多くは上限額が5万円までですが、一部のアプリでは5万円以上の利用も可能。

後払いで5万円以上使う可能性があるなら、上限額が25万円の『Paidy』がおすすめです。

手数料の安いアプリを選ぶ

少しでも出費を抑えたい人は、手数料が少なくて済むアプリを選びましょう。手数料0円で使える代表的なアプリには『d払い』があります。

多少条件つきですが手数料が安くなるアプリも存在します。例えば、支払方法によって手数料が安くなる『atone』、翌月一回払いなら手数料が無料になる『PayPay』などがあります。

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す