【2024年】ランニングの管理/記録アプリおすすめランキングTOP10

更新日:2024年6月21日6:00

本サイトは一部にプロモーションを含みますが、記載されている情報は一切その影響は受けておらず、公平・中立な立場で制作しております。
価格:
15件中/1~10位をおすすめ順で表示
注目ポイント

初心者必携! ランニングに必要な体力と、くじけない心を鍛えよう

良い点
  • 走行距離やカロリーなどを自動で算出してくれるランニングツール
  • 初心者向けメニューも充実。実力に合わせて無理なく続けられる
  • ほかのユーザーと目標達成を目指す「チャレンジ」でモチベーションアップ
気になる点
  • 機能が多い分、活かしきるにはトレーニングに関する知識が必要
  • 会員登録が必須のため、最初は手間がかかる
注目ポイント

ランニングが楽しくなる機能を搭載 レベルに合わせてデータを記録 

良い点
  • ラングニングデータを詳細に可視化。個人記録の更新がひと目でわかる
  • 5分のショートランや、30分以上のロングランなどのプログラムを用意
  • シューズのタグ付けやApple Watch対応など、機能が充実
気になる点
  • 会員登録が必須のため、最初は手間がかかる
  • ほかのユーザーと友達になる経路が限られ、つながりを作りにくい
3

ASICS Runkeeper—Run Tracker

iOS無料
Android無料
注目ポイント

適切なランニング目標を設定し、しっかり継続できるエクササイズを

良い点
  • ペース・タイム・距離・カロリーなどを細かく記録するアプリ
  • 初心者でも取り組めるプランを用意。実力に合わせてチョイスしよう
  • ランニンググループの作成も可能。共に頑張る仲間を作れる
気になる点
  • 会員登録が必須のため、最初は手間がかかる
  • グラフで振り返りにくい
注目ポイント

自分の限界にチャレンジ みんなで競い合うランニングアプリ

良い点
  • 走行距離やタイムをGPSで記録。本格的なトレーニングに最適
  • 共有機能で記録をシェア。サイクリング仲間を見つけられる
  • ユーザー同士で記録を競い合えば、トレーニング効果を高められる
気になる点
  • 記録時に入力する内容が多く、面倒に感じられる
  • 消費カロリーの記録はできない
5

TATTA - GPS Workout Tracker

iOS無料
Android無料
注目ポイント

練習記録から大会出場までをトータルサポート RUNNET連動アプリ

良い点
  • RUNNETの大会データと連携。練習ランキングで参加者と競える
  • GPSで走った距離を計測。走行中のペースや標高も表示できる
  • GPSウォッチやApple Watchにも対応。走行データをアップロード
気になる点
  • プランは自分で考える必要がある
  • マラソン大会に寄ってるため、初心者にはややハードルが高い
注目ポイント

あなたの運動パートナー! 詳細なデータでフィットネス進捗をチェック

良い点
  • ランニングやサイクリングなど25種類のアクティビティを記録
  • Siriによる音声アナウンスを活用して、運動に集中できる
  • マラソン用のプランを用意。大会に向けて準備しておける
注目ポイント

一日の運動量、今日はどうだったかな? グラフとリストで振り返り

良い点
  • ウォーキングの歩数など、運動の成果を毎日記録していける歩数計アプリ
  • 睡眠時間や心拍数、体重も記録できる。健康をトータルでマネジメント
  • わかりやすいグラフ表示。成果や健康状態の遷移を可視化できる
気になる点
  • プランは自分で考える必要がある
  • ランニングのルートは記録できない
8

Zepp Life

iOS無料
Android無料
注目ポイント

生活習慣改善のお供に最適 アプリで正確なデータを測定しよう

良い点
  • 歩数や心拍数といったデータを記録。最適なワークアウトに
  • 睡眠改善のアイドバイスもアリ。寝つきが良くなる方法を伝授
  • 家族のデータもチェックできる。子供の睡眠不足などを手軽に把握可能
気になる点
  • 自動入力には専用のデバイスが必要
注目ポイント

あなたの旅路を動画で共有 3Dマップで見るアウトドアSNS

良い点
  • 自分が移動した距離を記録。動画にして共有できるソーシャルアプリ
  • 通ったルートをリアルタイムで記録。途中の景色を写真に残すことも
  • InstagramやFacebook・X(旧Twitter)などのSNSへ簡単シェア
注目ポイント

フィットネスアプリはシンプルな方が集中できる そう思う人はコチラ

良い点
  • ホーム画面に表示されるボタンは3つほど。初見でもわかるシンプルさ
  • 目標の設定も可能。進捗状況を教えてくれるボイスガイド付き
  • 計測時の画面も文字が大きく、運動中でも見やすい配慮が嬉しい
気になる点
  • Google フィットなどメジャーなヘルスケアアプリとの連携は未対応
  • 対応している外部機器がPolar心拍センサーのみ

トレーニングの管理/記録アプリのおすすめランキングはこちら

【2024年】トレーニングの管理/記録アプリおすすめランキングTOP10
【2024年】トレーニングの管理/記録アプリおすすめランキングTOP10
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す