【2022年】離れた友達と遊べる対戦・協力ゲームアプリランキングTOP10

更新日:2022年11月24日19:20

オンラインでのマルチプレイに対応しているスマホゲームは、離れた友達と一緒に遊べるのが大きな魅力です。

『Discord』などVCができるアプリを併用すれば、同じ場所にいるような感覚で、みんなでワイワイ対戦や協力プレイができます。

ジャンルもRPGやカードゲーム、FPSなどさまざま。いろいろなゲームをDLしておき、その時の気分に合わせて、みんなで遊ぶゲームを変えてみるのもおすすめです。

【注目作!】白熱の心理戦が楽しめるゲームアプリ[AD]

m HOLD'EM

テーブルゲームの中でも、世界的に人気なポーカーである「テキサスホールデム」で遊べるスマホアプリ。

プレイヤーの分身となる個性豊かなキャラたちが登場し、リアクションスタンプやカットイン演出も相まって、ラフな雰囲気で本格的なポーカーを楽しめます

初心者のためにルールを細かく教えてくれるレッスンモードも存在。最大10人まで同時に対戦できるので、友達たちとワイワイ楽しみたい時にぜひ。

ポーカー初心者による『m HOLD'EM』 徹底レビューはこちら

心理戦苦手なポーカー初心者でもちゃんと勝てた!『m HOLD'EM』レビュー - Appliv
m HOLD'EM(エムホールデム)【ポーカー】

Sammy Corporation

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

対戦・協力ゲームアプリランキングTOP10

653件中/1~10位をおすすめ順で表示

対戦・協力ゲームアプリの選び方

選び方①:みんなが好きなジャンルで選ぶ

▲画像は『m HOLD'EM(エムホールデム)』(AD)

対戦・協力ゲームアプリには、RPGやシューティング、スポーツなどのさまざまなジャンルがあります

ただ、人にはそれぞれ得意不得意があるため、安易に選んでしまうと友達の苦手なジャンルを選んでしまう可能性もあるでしょう。

特に対戦系は自分だけが得意な場合、試合が一方的な展開になって面白くありません。

せっかく友達と一緒にプレイするのならば、みんなで相談しながら全員が楽しめるジャンルのゲームを選択するのがいいでしょう。

選び方②:1プレイにかかる時間で選ぶ

▲画像は『#コンパス【戦闘摂理解析システム】

対戦・協力ゲームは、1プレイが10分〜1時間と時間のかかるタイプの作品と、1プレイ最大10分程度の短時間で遊べる作品が存在します。

それぞれ時間に余裕があり、じっくりゲームができるなら時間のかかる作品を選んで、みんなでガッツリ遊ぶのがいいでしょう。

学校の休み時間や仕事の休憩時間など、遊ぶ時間が限られている場合は1プレイの短いゲームで、サクッと楽しんでいきましょう。

選び方③:最大プレイ人数で選ぶ

▲画像は『ブロスタ

ゲームによっては1対1で戦うものもあれば、最大10人などの大人数で遊べるゲームも存在します。

プレイ人数を調整しやすいゲームなら、1対1でのトーナメント制にして1位決めたり、全員が敵となるバトルロイヤル形式で戦ったりと、遊び方を変えることもできます

一緒に遊ぶ人数にも注目して、ゲームを選んでみるのも面白いでしょう。

選び方④:無料で遊べるか課金や購入が必要かで選ぶ

離れた友達と遊べる無料アプリは多く配信されていますが、中には課金しなければオンラインでの自由な対戦などが行えないゲームも存在します。

もちろん完全無料のゲームもありますが、課金するとさらに面白くなるゲームもあります。友達と相談してお互いの予算内で遊べるゲームなら選んでみるのもいいでしょう。

ただし、課金のご利用は計画的に。課金しすぎる心配のある方は、購入後の課金が不要な買い切りで遊べる有料アプリを選択するのがおすすめです。

カテゴリで絞り込む

関連するカテゴリ

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539159345901-0') })
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });