編集チーム厳選!おすすめAIイラスト3選&ランキング

AIイラストアプリおすすめ3選&ランキングTOP10 無料&人気のアプリを編集部が厳選!【2024年】

更新日:2024年7月22日15:25

絵心はないけれどアニメイラスト好きな私が、AIで簡単にイラストを作れると知って数あるAIイラストアプリを徹底的に使い倒し、本気でおすすめしたい3つを厳選しました。

結論としては、AIイラストアプリを使う目的や求める機能に応じて、AIピカソ』『AIイラスト AnimeJourney』『WOMBO Dream』のいずれかを使えば満足できるはずです。

この記事では、これらのAIイラストアプリを本気でおすすめしたい理由を、さまざまな要素で比較してお伝えします。なお、この記事は2024年5月時点の情報をもとに執筆しています。

このページはアフィリエイト広告を利用していますが、記載されている情報は一切その影響は受けておりません。

※ランキングは、人気、おすすめ度、レビュー、評価点などを独自に集計し決定しています。

私が本気でおすすめしたいAIイラストアプリ3選

私が本気でおすすめしたいAIイラストアプリはAIピカソ』『AIイラスト AnimeJourney』『WOMBO Dreamの3つです。

AIイラストアプリでやりたいことは人によってさまざまです。

そこで、絵心がなくても比較的簡単にイラストを作成したいという観点から、「初心者向きな無料で手軽」「好みの美少女アニメ風イラストを作りやすい」「写真をもとにSNSアイコンなどのイラストを簡単に作成できる」といった機能を重視してアプリを選びました。

「無料で手軽にイラスト作成したい」なら日本語表記で操作性が簡単な『AIピカソ』、「好みにこだわった美少女アニメ風イラストを作りたい」ならアニメの画風に特化し、イラストの調整もしやすい可能な『AIイラスト AnimeJourney』、「写真からイラストを作成したい」なら画風の豊富な『WOMBO Dream』を選ぶといいでしょう。

なお、今回選んだアプリはすべて、広告が入ることはあるものの無料で何枚でも画像生成できるものです。

AIイラストアプリでは、同じプロンプト(AIへの指示)でも作成されるイラストは毎回変わるため、試行できる回数も重要です。これらのアプリであれば、回数制限などを気にすることなく、納得のいくまでイラストを生成できるでしょう。

『AIピカソ』『AIイラスト AnimeJourney』『WOMBO Dream』を徹底比較!

まずは3アプリを基本的な項目で比較表としてまとめました。

無料で手軽にたくさんイラスト作成したいなら『AIピカソ』で決まり

初心者がAIイラストアプリを使う場合、どんなプロンプトでどんなイラストが作成されるのか、何度も試したいですよね。しかも、操作がわかりやすく直感的に操作できると便利です。

AIイラストアプリの中には、機能が豊富でありながら日本語表記に対応していないものもありますが、初心者にとってそのようなアプリは面倒と感じてしまうのではないでしょうか。

AIピカソ』は、日本語表記に対応していて、操作画面がシンプルで、無料で何度も使える初心者向きのアプリです。

ホーム画面の真ん中にある、プロンプトの入力画面をタップするだけでプロンプトの作成画面が立ち上がり、「キーワード」の項目で顔・髪型や服装、姿勢といったプロンプトのテンプレートを選び、画風(スタイル)を選択すると簡単にイラストが生成できます。

▲『AIピカソ』のプロンプト入力画面。「キーワード」からプロンプトのテンプレートが選べるので初心者向き

もちろん、プロンプトのテンプレートを使わずに、自分で好きなプロンプトを入力することも可能。テンプレートでは英語が自動で入力されますが、自分で入力する際は日本語を入れても問題ありません

また、『AIピカソ』の画風の数は、無料プランで9種類、有料プランで11種類とほかのアプリに比べてそれほど多くありませんが、それがむしろ初心者向きとしておすすめできる理由です。

私も、AIイラストアプリに触れ始めたばかりの頃は、あまり画風をいじらずに、とにかくさまざまなプロンプトを試して好みの画像が出てくるかを試したくなったため、画風の選択肢が少ないほうがすべての画風でプロンプトを試しやすいと感じました。

まずは、この『AIピカソ』でAIイラストを作ってみてから、プロンプトの入れ方などのコツを掴んできたところで、画風の多いほかのアプリに乗り換えるという使い方もアリかもしれません。

担当編集コメント

AIピカソ』で気になったのは、イラストの生成に時間がかかることでした。しかし、ほかのアプリでは作成するたびに30秒程度の広告視聴が必要な場合もあることを考えると、それほど気にならなくなります。

程よい画風の数で、とにかく無料で何度もプロンプトを入れてAIイラストアプリを使い倒してみたいなら、『AIピカソ』はおすすめです。

AIピカソ - 画像生成: イラスト / アバター / 動画

AIdeaLab Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

好みの美少女アニメイラストを作るなら『AIイラスト AnimeJourney』を推す

AIイラストアプリを使いたい方の中には、アニメ風の美少女イラストを作りたいという方も多いのではないでしょうか。かわいい女の子のアニメイラストを作成するなら、アニメ風の画風が多いアプリを選ぶ必要があります。

AIイラストアプリの中には、数十種類以上もの画風がありながら、アニメ風の画風はそれほど多くないというアプリも少なくありません

100を超える画風の中に、アニメ風の画風が2種類しかないアプリもありました。かわいいアニメイラストを作成したいなら、アニメ風の画風が多いアプリを選びましょう。

AIイラスト AnimeJourney』は、アニメ風のイラスト作成に特化したアプリです。画風は全体で9種類と少なめですが、そのすべてがアニメ風の画風となっています。

▲『AIイラスト AnimeJourney』では、プロンプトを入力してから画風を選ぶほかの多くのアプリと異なり、プロンプトに入れるようなプリセット項目の中で画風(スタイル)を選択する

また『AIイラスト AnimeJourney』では、好みに近いイラストが出てきたときに、Seed値を設定することでそのイラストをベースに微調整することが可能です。

▲『AIイラスト AnimeJourney』のSeed値設定画面

ほかにも、ネガティブプロンプトと呼ばれる、避けたい内容の指示も出せるため、こだわりのイラストを作ることができます。例えば、実際に作成された画像にを見ながら、不要な装飾品などがあれば、それを避けるようなにを指示を出すことでして調整していくことが可能です。

担当編集コメント

実は、私が『AIイラスト AnimeJourney』で最初にプロンプトを入れた際は、少し顔の輪郭が崩れてしまっているイラストが作成されたのですが、何度か同じプロンプトで作成を繰り返すとイメージに近い画像が出てきました。

たまたまはずれにあたったのかもしれませんが、ほかのアプリでも同じことが起きる可能性はありますので、同じプロンプトで何度もガチャのように作成する使い方も必要かもしれません。

AIイラスト AnimeJourney』は、アニメ風のイラストを作成するのに向いているアプリです。アニメに特化したアプリという点でも珍しいですし、Seed値とネガティブプロンプトのどちらにも対応しているアプリも限られています。

こだわりの美少女アニメイラストを作りたいなら、『AIイラスト AnimeJourneyを選びましょう。

AIイラスト Anime irasuto pus

Keisuke Shibata

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

写真からSNSアイコンを簡単に作成したいなら『WOMBO Dream』

AIイラストアプリで、自分の写真を使ってSNSアイコン用の画像を作るなど、写真からイラストを起こしりたいという方もいるのではないでしょうか。

「AIアバター」といった機能を使うと、5枚~10枚程度の自分の写真を読み込ませ、自分の似顔絵のような画像を作ることもできるのですが、このような機能はAIアバターはほとんどの場合有料です。

実は、AIイラストアプリに参考画像を読み込む機能があれば、自分の写真を読み込ませて、背景にしたい雰囲気などのプロンプトを入れ、スタイルを指定するだけで簡単にアイコン用イラストを作ることができます。

ただし、私がさまざまなアプリを試したところ、アプリによっては、画像を読み込んで指示を出しても、読み込ませた画像とはまったく構図などが違うイラストが作成されることがあります。参考画像にどこまで似せるかは、アプリによって異なるようです。

参考画像として読み込ませた、自分の写真に似たイメージでイラストを作成してくれるアプリは限られますが、その中でも私が最もおすすめしたいのが、『WOMBO Dream』です。

WOMBO Dream』なら、読み込んだ画像の影響をどこまで強く残すかを設定できるため、最も強い設定にすれば、自分の写真の構図や雰囲気を残して、背景などのイメージを変えたイラストを作成してくれます。

▲『WOMBO Dream』の参考画像の影響度選択画面。カーソルを「Strong」に動かせばほぼ同じ構図で作成してくれる

SNS用アイコンのイラストを作成する場合は、イラストの縦横比の指定も重要ですが、WOMBO Dream』なら「1:1」「3:4」「4:3」「9:16」「16:9」の5種類の縦横比から選択することが可能です。アイコンとして設定したいSNSのプロフィール画面に合わせて、最適なサイズを選べます。

また、SNSアイコンを作成する場合は、画風もアニメ風だけでなく、できるだけ多くの画風から選べたほうが面白い画像が作成できます。

その点、無料で何度も画像生成できるアプリを私がいくつも試した中で『WOMBO Dream』は選べる画風が最も多く、その数はなんと、無料利用可能なものだけで108種(うち2種がアニメ風)です。有料プランを選べばさらに33種追加されますが、無料の範囲内で十分遊べるのではないでしょうか。

担当編集コメント

WOMBO Dream』は英語表記のアプリですが、中学時代から英語が苦手だった私でも直感的に使えるレベルだったので、ほとんどの方が問題なく使えそうだと感じました。プロンプトも、日本語で入力してもちゃんと認識してくれます。

WOMBO Dream』は、無料で使い倒せるAIイラストアプリの中では豊富な画風があり、操作もしやすく、さまざまな用途に使えるアプリです。SNSアイコン用のイラスト作成だけでなく、AIアートの作成など、いろいろな楽しみ方が発見できるでしょう。

WOMBO Dream - AI Art Generator

Wombo Studios, Inc.

iOS無料
Android無料
App Storeを見る
Google Playを見る

AIイラストの選び方

これまでにおすすめしたAIイラストアプリ以外もチェックしたい方に向けて、一般的なAIイラストアプリの選び方をご紹介します。以下の項目をチェックしてみましょう。

イメージに近い出力がすぐに出てくるか

▲『WOMBO Dream』で作成した画像。プロンプトは「masterpiece, super fine illustration, one girl, slender, pale skin, detailed wavy gray hair, beautiful gray eyes, looking back, light smile, pajamas, lying in bed, soft light」でアニメ風の画風で作成

AIイラストアプリでは、自分のイメージに沿ったイラストを作成できることが重要です。もちろん、プロンプトで詳細に指定することも大切ですが、同じプロンプトでも、アプリによってはまったく想像もしていなかったイラストが作成されることもあります。

上記の画像は成功例ですが、同じプロンプトでほかのアプリで試したら、肌色が銀色に近く顔が崩れたイラストを作成するアプリもありました。

さまざまなアプリで同じプロンプトを入れてチェックしてみて、イメージに近いアプリを選ぶようにしましょう。

画風は豊富か

▲『WOMBO Dream』の画風選択画面

AIイラストアプリでは、画風が豊富なアプリを選んだほうが、さまざまなパターンのイラストを作成できます。画風の数はアプリによって異なり、画風が指定できないアプリもあれば、100種類以上の画風から選べるアプリもあります。

特定のジャンルのイラストを作成したいのであれば、そのジャンルの画風が多いのかをチェックするのが重要です。

気になるアプリをいくつかダウンロードしてみて、画風の数をチェックして、使えそうなアプリを絞り込んでいくのがおすすめです。

イラストのサイズを指定できるか

▲『AIイラスト AnimeJourney』では、イラストの高さと幅を個別に4種類ずつ選択可能

AIイラストアプリでは、イラストのサイズや縦横比を指定できると便利です。例えば、特定のSNSのプロフィール画面に適したイラストや、横長または縦長のサイズでしか表現できないイラストを作成したい場合は、希望に沿ったサイズを指定できるアプリが必要になります。

アプリによっては、サイズや縦横比を指定できないものもあります。画風や作成画像だけでなく、サイズ指定のバリエーションについても、ぜひチェックするといいでしょう。

AIイラストおすすめランキングTOP10

1

PixAI.Art

総合評価
4.66
iOS-
Android無料
注目ポイント

モデル数が圧倒的! 自分好みのイラストを生成可能

4.80
クオリティ

モデルとLoRAを利用し、自分のイメージ通りに生成可能

4.90
使いやすさ

モデルの豊富さとネガティブプロンプトなどの詳細設定が魅力

3.20
無料で使える範囲

無料の場合、毎日1〜20枚程度。画像サイズで枚数が増減

画風の数 300以上(多すぎて数え切れない)
1日に生成できる回数 無料プラン最大7回/有料プラン最大61回
参考画像の利用
生成にかかる時間 約20秒
生成中にほかのアプリを使えるか
1回で生成される枚数 1枚か4枚
サイズ指定
作品の閲覧
ネガティブプロンプト
利用料金 基本無料 / 有料プランあり、アプリ内課金あり
Check!

こんな人におすすめ

無料でも高クオリティなイラストを生成できる。イメージ通りに作りたい人向け

2

WOMBO Dream

総合評価
4.27
iOS無料
Android無料
注目ポイント

短時間でサクサク生成 豊富なスタイルでどんな絵にも対応

4.20
クオリティ

どのスタイルでも高いクオリティで生成。絵の崩れも少ない

4.30
使いやすさ

選べるスタイルが多く、生成時間も短い

4.50
無料で使える範囲

イラストに透かしは入るが、一通りの機能を無料で使い放題

画風の数 67(有料プランでは84)
1日に生成できる回数 無制限
参考画像の利用
生成にかかる時間 約5秒
生成中にほかのアプリを使えるか
1回で生成される枚数 1枚(有料プランでは4枚)
サイズ指定
作品の閲覧
ネガティブプロンプト ×
利用料金 基本無料 / 有料プランあり
Check!

こんな人におすすめ

どのスタイルでも並以上のクオリティを出せる。さまざまな絵を生成したい人に

3

AIイラスト Plus

総合評価
4.27
iOS無料
Android無料
注目ポイント

好きな要素を選べば、サクッとキャラクターの絵が作れる

3.90
クオリティ

二次元キャラクター特化で出来も十分。抽象画などは苦手

4.70
使いやすさ

人物や背景・服などプロンプトのプリセットが使える

4.80
無料で使える範囲

1日1回広告なしで生成。以降も広告を見れば無制限に生成可

画風の数 8
1日に生成できる回数 広告視聴で無制限
参考画像の利用
生成にかかる時間 約15~20秒
生成中にほかのアプリを使えるか ×
1回で生成される枚数 1枚
サイズ指定
作品の閲覧 ×(サンプル画像あり)
ネガティブプロンプト
利用料金 完全無料
Check!

こんな人におすすめ

二次元キャラクターの生成に特化。アニメやゲーム風のイラストが好きな人に

どのアプリにするか迷ったらこちら

4

GoArt

総合評価
4.23
iOS無料
Android無料
注目ポイント

便利なプロンプトをワンタップで選び、手軽に名作を生成

4.70
クオリティ

スタイルや各機能でカンタンにクオリティを上げられる

3.70
使いやすさ

チケット制だが多機能。便利なプロンプトの一覧も見られる

3.50
無料で使える範囲

1日に5回までは、広告を見て生成に使うチケットを獲得可能

画風の数 12
1日に生成できる回数 広告視聴で無制限
参考画像の利用
生成にかかる時間 約10秒(広告が入ると約40秒)
生成中にほかのアプリを使えるか ×
1回で生成される枚数 1枚
サイズ指定
作品の閲覧
ネガティブプロンプト
利用料金 基本無料 / 有料プランあり、アプリ内課金あり
Check!

こんな人におすすめ

便利なプロンプトがあらかじめ用意されている。楽にクオリティを上げたい人に

5

UniDream

総合評価
4.01
iOS無料
Android無料
注目ポイント

ポーズまで細かく指定 人物イラストの生成ならお手のもの

4.50
クオリティ

特に人物の生成が得意。参考画像でポーズの指定もできる

3.60
使いやすさ

画像加工などモードが多彩。チケット制なので回数は限られる

2.80
無料で使える範囲

1日3回の生成が可能。以降は有料のチケットが必要になる

画風の数 24(有料プランでは43)
1日に生成できる回数 無料は3回(従量課金で回数を増やせる)
参考画像の利用
生成にかかる時間 約10秒
生成中にほかのアプリを使えるか
1回で生成される枚数 1枚(有料プランでは4枚)
サイズ指定
作品の閲覧
ネガティブプロンプト ×
利用料金 基本無料 / 有料プランあり、アプリ内課金あり
Check!

こんな人におすすめ

ポーズの指定ができ、人物の描写が得意。キャラクターを目立たせたい人向け

6

AIピカソ

総合評価
3.97
iOS無料
Android無料
注目ポイント

AIがプロンプトを補完してくれるから、簡単に生成可能

4.20
クオリティ

日本のアニメ系もリアル系も、高クオリティで生成される

3.40
使いやすさ

簡単なプロンプトでOK。スタイルが少なく、サイズ変更不可

4.50
無料で使える範囲

広告視聴で、何枚でもイラストを生成できる

画風の数 9(有料プランでは18)
1日に生成できる回数 広告視聴で無制限
参考画像の利用
生成にかかる時間 約20秒
生成中にほかのアプリを使えるか ×
1回で生成される枚数 1枚
サイズ指定 ×
作品の閲覧
ネガティブプロンプト ×
利用料金 基本無料 / 有料プランあり
Check!

こんな人におすすめ

簡単なプロンプトで高クオリティなイラストを生成。初心者でも使いやすい

7

画像生成AI

総合評価
3.83
iOS無料
Android無料
注目ポイント

ネガティブプロンプトも使える 自由なイラスト生成が可能

3.70
クオリティ

スタイルがないためプロンプトに大きく左右される。玄人向け

3.70
使いやすさ

ネガティブプロンプトを使えるが、スタイルは選べない

4.90
無料で使える範囲

すべての機能を無料で利用できる。広告は入るが回数は無制限

画風の数 ×
1日に生成できる回数 広告視聴で無制限
参考画像の利用
生成にかかる時間 約30秒
生成中にほかのアプリを使えるか
1回で生成される枚数 1枚
サイズ指定
作品の閲覧 ×
ネガティブプロンプト
利用料金 完全無料
Check!

こんな人におすすめ

完全無料でネガティブプロンプトを使える。AIイラストに慣れた人におすすめ

8

starryai

総合評価
3.78
iOS無料
Android無料
注目ポイント

細かに設定を変えながら生成 手軽でもこだわってもOK

3.80
クオリティ

細部はやや崩れやすいが、手軽に生成してもクオリティは良好

3.80
使いやすさ

細かにステータスを変更して生成できるが、生成はチケット制

3.60
無料で使える範囲

1日10回まで、広告を見てチケットを獲得できる

画風の数 10(有料プランでは12)
1日に生成できる回数 無料プラン最大5回/最大67回
参考画像の利用
生成にかかる時間 約15秒
生成中にほかのアプリを使えるか
1回で生成される枚数 4枚
サイズ指定
作品の閲覧
ネガティブプロンプト
利用料金 基本無料 / 有料プランあり、アプリ内課金あり
Check!

こんな人におすすめ

生成時間やSeed値など細かな設定が可能。出来にこだわりたい中級者向け

9

Picsart

総合評価
3.70
iOS無料
Android無料
注目ポイント

4枚のイラストを一度に生成 いろんな絵をどんどん作ろう

3.50
クオリティ

風景や物体は得意だが、人物は工夫しないと崩れやすい

3.70
使いやすさ

プロンプトを一覧から選択できる。ほかの機能はあまりない

4.70
無料で使える範囲

無料でも4枚の生成が可能で、回数にも制限なし

画風の数 61
1日に生成できる回数 無制限
参考画像の利用 ×
生成にかかる時間 5秒
生成中にほかのアプリを使えるか
1回で生成される枚数 4枚
サイズ指定 ×
作品の閲覧
ネガティブプロンプト ×
利用料金 基本無料 / 有料プランあり
Check!

こんな人におすすめ

無料でも1回で4枚の画像を生成。多くの画像を比較したい人におすすめ

10

Wonder

総合評価
3.66
iOS無料
Android無料
注目ポイント

リアルな風景や動物の生成ならコレ 細部の調整もバッチリ

3.10
クオリティ

リアルなスタイルは得意だが、人物やアニメ調はやや苦手

4.30
使いやすさ

生成画像に対し、オブジェクトの追加や消去が可能

4.50
無料で使える範囲

無料でも動画広告を見れば、何度でも生成できる

画風の数 47
1日に生成できる回数 無料プラン5回/有料プラン50回
参考画像の利用
生成にかかる時間 約30~45秒
生成中にほかのアプリを使えるか ×
1回で生成される枚数 1枚
サイズ指定
作品の閲覧
ネガティブプロンプト ×
利用料金 基本無料 / 有料プランあり
Check!

こんな人におすすめ

リアル寄りのスタイルのクオリティが高い。風景や動物・写真が好きな人向け

AI(人工知能)搭載アプリのおすすめランキングはこちら

【2024年】AI(人工知能)搭載アプリおすすめランキングTOP10
【2024年】AI(人工知能)搭載アプリおすすめランキングTOP10

AIイラストに関するFAQ

AIイラストの作成は著作権侵害になる?

AIイラストアプリでイラストを作成しても、必ずしも著作権侵害になるわけではありません。著作権法では、私的使用目的であれば著作物の複製も認められています。

そのため、誰かの著作物を学習したAIで画像を生成することも、個人的な利用のためであれば認められると考えられています。

しかし、個人的な範囲を超えて利用するために、既存作品と類似しているイラストを作成した場合などでは、著作権の侵害となる可能性があります

AIが作成したイラストの著作権は誰のものになる?

AIが作成したイラストには、基本的に著作権はありません。著作権法では、思想や感情を創作的に表現したものが著作物とされていて、AIには思想や感情はないため、著作権が発生しないというのが一般的な考え方です。

ただし、著作権がなくても、自由に利用できないケースがあることには注意してください。アプリによっては、利用規約で生成物の利用方法に制限がかけられている場合があります。自分が利用するアプリの利用規約も、しっかり確認しましょう。

AIイラストアプリのデメリットは?

AIイラストアプリは、手軽にきれいなイラストを作成できる便利なサービスですが、細部の指定や修正が難しい点はデメリットです。細かくプロンプトを入れても、指示が反映されないケースは出てきます。

手描きであれば、細部の描き込みや修正も可能ですが、AIイラストアプリでは手描きのように、一部だけ自分の手で書き直して修正することはできません。

AIイラストは販売可能?

AIイラストの販売は、サービスによって禁止されている場合があります。著作権を侵害していないイラストであっても、そのイラストを作成したアプリの利用規約で販売が禁止されているのであれば、販売することはできません。

また、イラスト販売の場となるプラットフォームが、AIによって作成されたイラストの登録を禁止している場合もあります。AIイラストを販売したい場合は、イラストを作成するアプリと販売プラットフォームの両方の利用規約を確認しましょう。

AIイラストを投稿できないサービスはある?

AIイラストを販売するのではなく、ただインターネットに投稿したい場合も、作品の投稿先となるサービスによっては、AIイラストのアップロードを禁止している場合があります

例えば、『Xfolio』というイラスト・小説の投稿サービスでは、AIで生成されたコンテンツの投稿を利用規約で禁止しています。

AIイラストをどこかのサービスに投稿したい場合も、必ず利用規約を確認してください。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す