【2024年】勉強法・勉強効率化アプリおすすめランキングTOP10

更新日:2024年7月11日11:55

勉強アプリを活用することで学習効率が大きくアップします。普段持ち歩くスマホさえあれば、勉強時間の管理や講義動画のチェックが可能。

本記事では、勉強法・勉強効率化アプリおすすめランキングを紹介します。目的に合ったアプリの選び方や、注意点も参考にしてみてください。

このページはアフィリエイト広告を利用していますが、記載されている情報は一切その影響は受けておりません。

勉強法・勉強効率化アプリおすすめランキングTOP10

128件中/1~10位をおすすめ順で表示
注目ポイント

1日最短5分だから手軽に続けられる 親しむところから始める語学学習

良い点
  • ゲーム感覚で直感的に操作できるカリキュラムが豊富
  • 音声入力で回答可能。リスニングとスピーキングの基礎を固められる
  • イラストカードや単語の並べ替えなど、さまざまな形式の問題を解ける
気になる点
  • 初心者向けのため、TOEIC・TOEFL対策には物足りない
  • 途中でレベル変更はできない
注目ポイント

楽しく学べる! RPG形式で英語力を伸ばすアプリ

良い点
  • 豊富なストーリーで子供から大人まで楽しく英語が学べる
  • キャラクターを集めながら英語が学べる
  • 復習問題を解くともらえる「復習ボーナス」を使えば無料で遊べる
気になる点
  • ペースが速いので集中しないとついていけないことがある
  • ゆるキャラの発言やイラストの雰囲気は好き嫌いが出そう
注目ポイント

単語帳は英単語以外にもたくさん 面白いジャンルが見つかるアプリ

良い点
  • 高校生向けや小学生向けなど、さまざまな英単語を収録した学習アプリ
  • 間違えた問題をもとに、アプリが自動で学習計画を作成してくれる
  • 百人一首や富嶽三十六景など英単語以外も収録。雑学の幅が広がる
気になる点
  • 単語帳を作るのがやや手間
  • 単語にチェックをつける機能はない
注目ポイント

Fire! あなたの声が魔法になる 正しい発音で高得点を狙え!

良い点
  • 少女と不思議な本を巡る、ファンタジーな英語発音ゲーム
  • 「Fire」「basic」発した言葉が技に。発音が良いほど威力もアップ!
  • フルアニメーション、フルボイスで描かれるハイクオリティな物語
注目ポイント

「三日坊主」にさよなら! あなたの目標達成を応援するアプリ

良い点
  • 5人一組で目標に向かって切磋琢磨。3日坊主を絶対阻止するアプリ
  • 勉強・趣味・育児・禁煙など、「目標」と呼べるものなら何でもOK
  • 目標達成には証拠写真が必要。嘘はつけないので、しっかり習慣化できる
注目ポイント

家にいる時でも、友達と勉強会 学習がはかどる環境を作るサポートアプリ

良い点
  • ルームを作って勉強スタート。仲間と一緒に頑張れる学習アプリ
  • ビデオ通話で友達と一緒に勉強。わからない所を教え合える
  • タイムラインでみんなの勉強の状況が見られ、刺激を受けられる
気になる点
  • 機能が多く、使いこなすのに時間がかかる
  • 教材を選ぶのがやや面倒
注目ポイント

表・裏両方に、全29言語の音声を設定! 読み上げ機能を搭載した単語帳

良い点
  • さまざまな言語で発音付きの単語帳が作れる。外国語の学習に便利
  • 29言語の読み上げに対応しており、リスニングの練習に使える
  • 単語帳は複数個の作成が可能。単語帳の中でカテゴリ分けもできる
気になる点
  • 品詞ごとに単語を分けられない
  • ネイティブが使うフレーズ集はない
注目ポイント

学びが加速する! 45万冊のノート共有アプリ

良い点
  • SNSのように、アプリ内のトークルームで交流できる
  • わからないことはすぐに解決できるので、効率よく勉強を進められる
  • ノートを共有可能。家にいる時でも、友達のノートを見せてもらえる
注目ポイント

東大卒がつくった質の高い教材 思考力を磨いてくれる学習アプリ

良い点
  • パズルや立体問題を掲載。東大卒が作った子供向け学習アプリ
  • 1日10分のレッスンなので短時間で取り組める。飽きっぽくても安心
  • 3タイプのプランを用意! プレミアム版でゲームの種類が増える
気になる点
  • 1日のプレイ回数に制限がある
  • ほかのアプリよりもゲームのチュートリアルがやや少ない
注目ポイント

作った英単語帳をシェア 中・高・大、みんなが楽しく勉強できる

良い点
  • 単語と意味、難易度などを書き込むだけ。かんたん単語帳作成ツール
  • みんなの単語帳を人気順で見られる! テストに向けた超重要単語も
  • 単語テストもあり。自分が学習しやすいよう、出題形式も設定できる

勉強アプリのメリット

勉強アプリでできることは、学習の効率アップとサポートです。タイマー機能を使った勉強時間の管理や、スキマ時間での単語学習などが可能。

学生の受験勉強から社会人の資格取得まで、幅広く使えます。自分に合ったアプリを活用して、学習の習慣化や点数アップにつなげてみませんか。

勉強アプリの選び方

目標時間を決めて勉強を効率化

時間を決めて勉強に集中したい人には、タイマー機能がついているアプリがおすすめ。タイマーで時間を区切ることで、集中力を維持できます。また各教科ごとに学習時間を記録して振り返ることで、勉強計画を立てる際に役立つでしょう。

タイマーズ』は、ひとつのアプリで複数のタイマー機能が使えるアプリ。教科ごとに時間を決めて勉強する際に便利です。

一方で学習時間を記録して計画を立てたい人には、『Studyplus』がぴったりでしょう。

単語帳アプリで暗記をサポート

スマホの単語帳アプリを使うメリットは、作成時間の手間がかからないこと。また通勤中や休み時間など、スキマ時間を活用して効率的に暗記できるのもポイントです。

マナビティ単語帳』はカスタマイズ性に優れており、オリジナルの単語帳を作れます。各教科ごとの単語帳にアイコン画像を設定しておくことで、わかりやすく整理できるでしょう。

講義動画を観られるアプリもチェック

講義動画を観られるアプリであれば、スキマ時間を活用して疑問を解決できます。『スタディサプリ』は小学生から大学受験まで、4万本以上の講義を動画で視聴できるアプリ。

塾や予備校とアプリを併用することで、費用を抑えられるのもメリットです。2週間の無料体験レッスンを受けて、続けるかを判断してみてもいいでしょう。

SNS機能で友達と励ましあえる

一人での勉強に挫折してしまいそうな人は、SNS機能をチェック。自分の頑張り度を友達と共有したり、励ましあったりすることで、モチベーションアップが期待できます。

友達や全国のライバルの勉強法を積極的に取り入れたい人には、『Studyplus』がおすすめ。効果のあった参考書をユーザー同士でシェアできるのもポイントです。

しかし周りと比べてモチベーションが下がってしまう人は、自分のペースを維持しながら参考になる部分のみをチェックしましょう。

ゲーム要素のあるアプリもおすすめ

机に向かってする勉強と並行して、ゲーム要素のあるアプリを試してみるのもおすすめ。例えば単語学習などは、ちょっとした空き時間で取り組んだことが記憶に残っているものでしょう。

空き時間を有効活用して英単語を覚えたい人には、『英語学習ゲーム』がぴったり。中学・高校英語から英検、TOEICに対応。正答率に応じて出題レベルが最適化されるので、難易度別に学べる仕組みです。

勉強アプリの注意点は?

勉強アプリのデメリットは、メインの学習には不向きなこと。スキマ時間を使って手軽に学習できる反面、受験や資格取得に向けた実践対策には向かないでしょう。

とはいえ勉強アプリは、暗記学習などの補助的な学習がしやすいのが特徴。実践演習は公式の参考書を使い、スキマ時間での暗記学習に勉強アプリを活用するなど、上手に使い分けることで効率的な学習につながります。

カテゴリで絞り込む

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す