間取り・部屋のレイアウト作成アプリおすすめTOP10 家具配置もシミュレーション

【2024年】間取り・部屋のレイアウト作成アプリおすすめTOP10 家具配置もシミュレーション

更新日:2024年7月2日11:12

新しいお家への引っ越しや模様替えで便利なのが、手軽に部屋のレイアウトを作れる間取りアプリ

家具をどう配置するか、はたまたどんな形の家具を買うかなど、お部屋のレイアウトはどうしても頭の中だけではイメージしにくい部分も多いでしょう。

初めて同棲する場合など、目に見える形になることでパートナーとのイメージの相違を無くしやすい上に、他の人にも共有しやすくなります。

本記事では、使いやすさ、設置できる家具の種類数、コスパの3点で優れたサービスをご紹介。理想の間取り図を作り上げ、よりよいお部屋作りに役立てていきましょう。

※監修者は間取りに関する専門的な部分のみ監修を行っています。掲載しているアプリは、監修者が選定したものではなく編集部がランキング集計したものです。

このページはアフィリエイト広告を利用していますが、記載されている情報は一切その影響は受けておりません。

※ランキングは、人気、おすすめ度、レビュー、評価点などを独自に集計し決定しています。

間取り作成アプリおすすめランキングTOP10

1

ルームプランナー

総合評価
4.79
iOS無料
Android無料
注目ポイント

IKEAの家具を置ける! 予算算出バッチリな間取り作成

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
4.90
4.90
4.90
4.90
3.90
3.90
良い点
  • 3D間取り図にIKEAの家具を設置。好みの部屋を手軽に再現
  • モデルルームから作るほか、自分で間取り図を引いて1から制作可能
  • プラン加入で置ける家具を増やしたり、フロアを広くしたりできる
気になる点
  • 家具を置くときなどの操作性が慣れないと難しい
  • 無料だと試してみたい家具を置けない場合がある
  • 国内では購入できないアイテムも多い
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能
料金 基本無料 / 有料プランあり
有料プラン 家具の追加、部屋サイズの指定など
Check!

こんな人におすすめ

おしゃれな家具が一通り設置できる。間取り+内装も再現したい人向け

2

Live Home 3D

総合評価
4.58
iOS無料
Android-
注目ポイント

脳内イメージをリアルに表現 マイホームシミュレーター

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
4.70
4.70
4.60
4.60
3.90
3.90
良い点
  • 平面図と3Dモデルを使ってマイホームをゼロからデザインできる
  • イメージに合うインテリアを設置して、模様替えの参考にも
  • テンプレートも豊富で、白紙からデザインする必要が無い
気になる点
  • 実在する家具のモデルを置けないので実際の雰囲気はわからない
  • 3Dにした際の視点操作が慣れないと難しい
  • カメラでの部屋の間取りの読み取りができない
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能
料金 基本無料 / 有料プランあり
有料プラン テクスチャ作成、データ書き出し追加など
Check!

こんな人におすすめ

内装と外装どちらも作成可能。こだわりのマイホームを作りたい人向け

3

再現間取りメーカー

総合評価
4.53
iOS無料
Android無料
注目ポイント

理想の間取りやトンデモ物件まで、好きな間取りを作成

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
4.90
4.90
3.80
3.80
4.90
4.90
良い点
  • フロアや家具を配置して、好きな間取り図を描ける作図ツール
  • 3Dの人間や動物、アイコンなどを組み込めばカオスな間取り図に大変身
  • SNSにシェアしてアイテムをアンロック。作れば作るほど幅が広がる
気になる点
  • 本当に売っている家具などの配置はできない
  • 2Dのみなので立体的なイメージができない
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能 ×
料金 完全無料
有料プラン ×
Check!

こんな人におすすめ

使いやすさが魅力なので、間取り図を手早く作りたい時におすすめ

どのアプリにするか迷ったらこちら

4

Roomle 3D & AR

総合評価
4.34
iOS無料
Android無料
注目ポイント

家を建てる前に……本物のようなAR模型の中をお散歩

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
3.90
3.90
4.90
4.90
4.90
4.90
良い点
  • 部屋の間取りや家具の配置も自由自在。家の見取り図が作れるアプリ
  • 作った家はVRで見られる。実際にその部屋に入ったような感覚
  • 配置できる家具は2,000以上! より理想の家に近いインテリアを
気になる点
  • 会員登録が必要なため使い始めに手間がかかる
  • 2D画面でないと家具を置いたり、移動させたりができない
  • 実際に売っている家具を置けるが、値段は記載なし
アプリダウンロード 無料
AR機能
3D機能
料金 基本無料 / 有料プランあり
有料プラン 3Dのカタログがすべて開放など
Check!

こんな人におすすめ

ブランド家具が豊富なので、インテリアにこだわりたい人におすすめ

5

間取りTouch+

総合評価
3.99
iOS無料
Android-
注目ポイント

引っ越しの前に、自分の家のイメージを間取りで再現

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
3.95
3.95
3.80
3.80
4.80
4.80
良い点
  • 自由に部屋を配置して間取りを作成。レイアウトの検討にとても便利
  • 家具や設備などのシンボルも細かく配置可能。幅広いタイプの部屋に対応
  • 1から間取り図を書く必要がなく、サンプルリストをカスタマイズできる
気になる点
  • 家具のアイテムはあるが、実在の家具ではない
  • 3Dでの確認はできない
  • 移動やサイズ変更など、複数回タップしなければ編集できない
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能 ×
料金 完全無料
有料プラン ×
Check!

こんな人におすすめ

家具の位置など小回りが効き、模様替えなどこだわりたい人に向いている

6

magicplan

総合評価
3.96
iOS無料
Android無料
注目ポイント

図から作る理想の間取り 家具や部屋のレイアウトを検証

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
3.80
3.80
3.90
3.90
4.90
4.90
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能
料金 基本無料 / 有料プランあり
有料プラン 3D機能の開放、データの共有など
Check!

こんな人におすすめ

実際の間取りをカメラ機能で測れるので、実物に近いイメージを考えたい人向け

7

プランナー5d

総合評価
3.88
iOS無料
Android無料
注目ポイント

3Dで理想の家作り いろいろなインテリアをチョイス

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
3.80
3.80
4.00
4.00
3.90
3.90
良い点
  • 既成の部屋を分割し、家具を置くだけ。気軽に作れる3DCGアプリ
  • 2D切り替えがワンタップで可能。見やすいところから間取り図を観察
  • 配置できる家具も豊富。有料コンテンツ購入で6,400以上
気になる点
  • 操作のチュートリアルがないため、使い慣れるまでに時間がかかる
  • すべての機能や素材を利用するには、有料プランへの登録が必要
アプリダウンロード 無料
AR機能
3D機能
料金 基本無料 / 有料プランあり
有料プラン すべての家具のロック解除など
Check!

こんな人におすすめ

ARで間取りを歩けるので、実物のイメージを体感したい人におすすめ

9

Floor Plan 3D

総合評価
3.56
iOS無料
Android無料
注目ポイント

3Dで作る! 海外風のおしゃれなこだわりマイホーム 

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
3.30
3.30
4.00
4.00
3.50
3.50
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能
料金 基本無料 / アプリ内課金あり
有料プラン 家具や階段追加など
Check!

こんな人におすすめ

洋風のおしゃれな家が作れる。海外っぽい家を作りたい人向け

10

BIMx

総合評価
3.48
iOS無料
Android無料
注目ポイント

間取りデータを3D化するビューアー デザインに役立つ

使いやすさ 設置できる家具の種類数 コスパ
3.20
3.20
4.90
4.90
良い点
  • 家のデザインを表現するときに役立つ、BIMxファイルのビューアー
  • 3Dモデルで構造がわかるので、空間の把握が簡単にできる
  • 太陽光を調節して、昼・夜の様子を見ることも可能
気になる点
  • チュートリアルがないので、使い慣れるまでに少し時間がかかる
  • “太陽光設定”の日付は調整できない
アプリダウンロード 無料
AR機能 ×
3D機能
料金 基本無料 / 有料プランあり
有料プラン 印刷機能など
Check!

こんな人におすすめ

BIMxファイルの読み込みに特化している。建築の知識が多少ある人向け

10

Home Design 3D

iOS無料
Android無料
注目ポイント

引っ越し先でインテリアをどう配置する? スマホの中でシミュレーション!

良い点
  • 家の間取りやインテリアをシミュレート。引っ越し前の準備に最適
  • 3D映像で部屋を見ることができるので、具体的にイメージしやすい
  • ソファーやラグなど家具が豊富。どんなレイアウトも再現できる

模様替えアプリのおすすめランキングはこちら

【2024年】模様替えアプリおすすめランキングTOP10
【2024年】模様替えアプリおすすめランキングTOP10

間取り作成アプリを使うメリット

最大のメリットはやはり、間取り図を作ることで漠然とした部屋のイメージを視覚化できるところ。いざ家・部屋づくりをはじめるにあたって、フワッとしたイメージのまま進めてしまうと取り返しのつかないことになります。後悔しないためにも、しっかり要望をかためておきましょう。

また家族の要望をまとめられる点でも、間取りアプリは役立ちます。デザイナーに意思をちゃんと伝えられるよう、あらかじめ意見を書き込んでおくことが大切です。

間取り作りで気をつけること

要望ばかりを先行しすぎると、防犯などの意識がおざなりになってしまうかも? 注意すべき点をざっくりまとめたので、参考にしてみてください。

窓を決めるときは、日当たりと防犯に注意

窓を決めるときは、部屋の中の日当たりが良くなる配置にする必要があります。一方で、夏は暑くならないような位置、サイズ、形状の窓にする必要がありますし、冬は寒くならないよう考慮することが大切です。

さらに防犯を重視するなら「外から丸見えになっていないか?」「侵入されやすくなっていないか?」など、窓の配置や大きさに注意するといいでしょう。

階段を作るときは、急勾配になることを避ける

階段を作るときは、急勾配にならないよう注意します。小さなお子様がいる家庭や、老後も暮らしやすい家にするなら、階段はゆるやかにすることで、転倒防止につながり、住みやすい家を実現できます。

もとが住みやすい家なら、将来のリフォームも最小限で済むでしょう。

実現させたい要素の、優先度を決めておく

一貫性のないマイホームにならないためにも、自分と家族の要望から優先度を決めておくのがおすすめです。あれもこれも……と欲張ってしまうと、間取り図にまとめるときに苦労するかもしれません。

どういった空間が欲しいか、予算はどのくらいか……いろいろなことを踏まえた上で、叶えたいことリストを作るといいでしょう。

間取り作成アプリの選び方

こちらでは間取り作成アプリの選び方を紹介しています。自分に合ったアプリを見つけるための参考にしてみてください。

使い方が簡単なアプリを選ぶ

初心者向けの間取りアプリがあり、専門知識がなくても手軽に使えます。きちんと書くとなると技術がいりそう……と思うかもしれませんが、操作が簡単で直感的に使えるものが多いです。

アプリのデザインは、シンプルだったり補助機能があったりといろんなタイプがあります。手始めに使うなら『再現間取りメーカー』がおすすめです。

無料で使えるアプリだとお手軽

マイホームを再現するためだけに使うなら、基本無料のアプリがおすすめ。家づくりが終わった後にそう何度も使う機会がないのなら、無料プランの機能だけで十分でしょう。

家具を設置できるなど、基本無料でも多機能なサービスがそろっています。課金する場合は、追加されるコンテンツや機能をしっかりチェックしてから検討してください。

3Dで間取り図を見られると、イメージ通りに作りやすい

間取り図を3D化することで、実物のイメージがつかみやすくなるのでおすすめです。平面上だけだとわかりづらい部分も、立体になることで実物のイメージにより近い間取りを再現できるようになります。

3D上なら部屋の広さやインテリアの見え方も把握しやすいですよ。

カメラで間取り図を読み取れるアプリで、作成がラクに

間取り図なんか作ったことがない! という人には、カメラで間取りを撮影できるアプリがおすすめです。下書き代わりになるので、紙のほうを参考にしつつアプリ上で間取り図を作れます。

また撮影するだけで、自動で間取り図を作ってくれるサービスもあり。『magicplan』が優れているので、使ってみてください。

実物の家具を置いてシミュレーションできるアプリがおすすめ

IKEAなどで実際に売っている家具を、3D上で設置できるルームプランナー』などのアプリがあります。インテリアやブランド家具にこだわりたい方にはぴったり。色や大きさなどバランスよく置けているか、部屋が狭くならないかなどを確認できます。

中には実際に家具を購入できるアプリも。これに決まり! と思う家具があったら早めに買っておくのもいいかもしれません。

自分の端末のOSに合ったアプリを選ぶ

アプリが自分の端末に対応しているか、あらかじめストアページで確認しましょう。いざアプリを使うとなっても、端末が対応していなかったら元も子もありません。

口コミ・評価を見てアプリを決めるのもアリ

いまいち自分でアプリを選びにくい、という方はストアで口コミ・評価を見てみるのもアリです。専門的な知識が必要か、不具合が少ないかなどはほかユーザーのレビューを見ればわかります。

パソコンで間取り図を作れるサービスも

スマホのストレージ容量が心配、タップ操作に慣れない、という方はパソコンで間取り図を作れるサービスがおすすめです。『せっけい倶楽部』なら無料で使用でき、3D化も可能。マウス操作でなら細かい作業もしやすいので、スマホアプリが馴染まなかったら使ってみてください。

より効率を求めるならExcelで間取り図作成

新しいツールを取り入れるのに抵抗がある方は、パソコンを使いExcelで間取り図を作ってみるのも手です。セルの大きさを変えて方眼紙を作り、長方形をはめていく作り方が一番かんたん。Excelなら無料でずっと使えて、インストールの手間もないので手軽です。

フリーソフト「Excel DE 間取り図」が便利

Excelのみでも間取り図を作れますが、『Excel DE 間取り図』を取り入れることで、より詳細に描けます。車、扉、階段などの素材が入っているので、自分で作る手間もかかりません

畳やフローリングの表現も可能なので、よりわかりやすい間取り図が作れるでしょう。

間取り・部屋のレイアウト作成アプリのよくある質問

無料で使える?

ほとんどのアプリが基本無料で使えます。少ないですが、中には完全無料で使えるサービスも。3D化はせず、シンプルな平面の間取り図を作りたい方は完全無料のアプリがおすすめです。

建築の知識がなくても使える?

ほとんどのアプリが、専門知識がない初心者でも使えます。直感的に使えるようデザインされているサービスも多く、誰でも簡単にキレイな間取り図を書けるでしょう。
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す