GIF作成アプリおすすめランキング

【2024年】GIF作成アプリおすすめランキングTOP8 スマホでの作り方も解説

更新日:2024年5月2日17:17

GIF作成アプリでは、パラパラ漫画のように動く画像を制作できます。再生時間が同じ映像の場合、動画ファイルよりも容量が軽く、自動的にループ再生されるのが特徴。

ブログやWebサイトに掲載することが多いため、「できる限り多くの人に内容を見てもらいたい」「コンテンツの表示速度を上げたい」そんな人たちにおすすめです。

本記事では、GIF作成におすすめのアプリをランキングで紹介。GIFの作り方やきれいに作るコツも解説しています。

このページはアフィリエイト広告を利用していますが、記載されている情報は一切その影響は受けておりません。

GIF作成アプリおすすめランキングTOP8

8件中 1〜8位 を表示
1

GIFトースター (GIF生成)

iOS無料
Android無料
注目ポイント

フレーム数も再生速度も変更自由! スマホだけでGIFアニメを作ろう

良い点
  • 動画や写真をGIFに変換。スマホだけで全作業を完結できる
  • フレーム入れ替え、再生速度調整、フィルターなど細かい編集機能
  • ブログなどにGIFを載せれば、手軽に見てもらえて記事の価値が高まる
気になる点
  • 映像の粗さは否めない
  • 出力可能なサイズが小さい
2

jiffy–アナログGIFカメラ

iOS無料
Android無料
注目ポイント

日常をGIFとして切り取るカメラアプリ 写真以上、動画未満の味のある1枚を

良い点
  • 実物のカメラを模したおしゃれなUI。撮影の時点で気分が上がる
  • テープを替えるとGIFの色や質感が変化。雰囲気を変えられる
  • 月額課金のほか、配布チケットなどテープの取得方法はさまざま
注目ポイント

細かいタッチも思いのまま 機能が豊富なドット絵エディタ

良い点
  • 初心者にも上級者にもおすすめ。本格的なドット絵が描けるツール
  • レイヤー機能で細かい表現も思いのまま。レイヤーのフォルダ管理も可能
  • 買い切りですべての機能が開放でき、複数の端末で共有もできる
気になる点
  • 無料版ではアートワーク2個までと制限あり
  • 無料版ではフォルダ管理ができない
4

5SecondsApp - GIF

iOS無料
Android無料
注目ポイント

日常の面白い瞬間を、「5秒間」で切り取る 自分で作れるGIFアニメ

良い点
  • 5秒以内の動画からGIFアニメが作れる。自動で変換するのでお手軽
  • スピード調整機能で自由な表現力を生み出せる
  • クロップ機能で投稿先に合わせた最適なサイズを作成できる
注目ポイント

シンプルなスライドショーが完成 ほぼ写真を選ぶだけのGIF作成アプリ

良い点
  • 写真やムービーから、好きな部分だけ切り取ってGIFに変換
  • 高画質なものから軽いものまで、3段階のファイルサイズを用意
気になる点
  • 無料版だとロゴが入る
  • 編集機能の一部が有料
注目ポイント

フィルターや露出、色温度などの設定を、次の撮影まで持ち越せるカメラ

良い点
  • 300以上のフィルター、20以上のフレームを収録。加工の幅が広い
  • GIFアニメを作ることも。GIFをSNSに載せる際、他のアプリは必要なし
気になる点
  • 色味などが大きく変わるフィルターが多く、自然な加工は苦手
  • 周辺減光など細かな加工機能はない
注目ポイント

数枚の写真からGIFを簡単作成 おしゃれに動く作品を作ろう

良い点
  • 無料でも十分な編集機能が利用可能、SNSで目立つGIF作品を作れる
  • シンプルで使いやすい、初めてでもすぐに使いこなせる
  • アニメーションGIFを活用して、ユニークなGIF作品を作ることも
8

Gif Me! Camera Pro

iOS-
Android無料
注目ポイント

撮影した動画をGIF化。細かい編集機能も備わったアプリ

良い点
  • スマホだけでGIF作成。SNSやブログなどへ簡単に投稿できる
  • フレーム単位の削除、再生速度変更、テキスト挿入など編集機能が幅広い

GIFを使うメリット

GIFは動画のようですが、画像ファイルなので、容量が軽いです。そのため、データの保管場所を確保しやすいです。また、SNSなどに投稿した際にも、動画よりGIFの方が読み込みが早いため、すぐに映像が再生されます。

動画は再生ボタンを押す必要がありますが、GIFは自動的に再生されます。そのため、SNSやブログ上にGIFを投稿しておけば、動画よりも視認してくれるユーザーが増えやすくなるのがメリットです。

スマホアプリを使ったGIFの作り方

アプリを使ったGIF加工は、今回紹介する方法の中で、一番操作がカンタンです。ここではスマホアプリの『モメントによるGIFメーカー』を例に、動画からGIFを作る方法を紹介します。画像からGIFを作りたい人は、素材選択時に動画ではなく画像を複数枚選べばOK。

類似のアプリを使う場合も、操作はほとんど同じです。

  • STEP1

    GIFにしたい素材を選択

    アプリを開いたら、GIFに変換したい動画や画像を選択しましょう。画像の場合は複数枚選択するとパラパラ漫画のようなGIFが作れるようになります。

  • STEP2

    GIFを保存する

    素材を選んだら、「保存する」→「GIFを保存」の順にタップするだけでGIFが作れます。

    エフェクトを追加したい人は「AR」を、再生時間を調整したい人は「スピード」や「トリム」を選び、編集をしてから保存するといいでしょう。

iPhoneのショートカットからGIFを作る方法

ここではiPhoneに標準搭載されている「ショートカット」を使ったGIFの作り方を説明します。ショートカットを使う方法は、初回のみ加工のために準備が必要。2回目以降は、簡単に動画や画像をGIFに変換できるため、アプリをダウンロードしたくない人におすすめです。

  • STEP1

    ギャラリーを追加

    ショートカットを開いたら、「ギャラリー」をタップ。GIFのためのショートカットから、「写真をGIFに変換」を選択しましょう。画面が切り替わったら、「ショートカットを追加」をタップして、次の準備に移ります。

  • STEP2

    ビデオからGIFを作成を追加

    次にGIFのためのショートカットから、「ビデオからGIFを作成」を選択し、「ショートカットを追加」をタップしてください。これでGIF加工のための準備は完了です。

    2回目以降はこちらの操作を飛ばして、「GIFを作成する」から読み進めてください。

  • STEP3

    GIFを作成する

    「マイショートカット」から「GIFを作成」をタップして、加工したい素材を選択します。画像を選択する場合は、2つ以上の素材を選択しましょう。

    まれに加工したい動画素材が表示されていないケースがありますが、「ビデオからGIFを作成」を選択すると表示される場合があります。

  • STEP4

    GIFを保存する

    GIF加工は自動的に行われます。「完了」をタップして完成したGIFを保存しましょう。

PCでGIFを作る方法

ここではWEBサイトの『ezgif.com』を使ったGIFの作り方を説明します。PC・スマホどちらでアクセスしてもGIFが作れます。専用のソフトをダウンロードする必要がないため、PCの容量を圧迫しません。ただし、GIF変換できるのは動画ファイルのみです。

ezgif.comの使い方

まずは『ezgif.com』にアクセスしてください。

画面上部のメニューバーから「動画からGIFへ」を選択すると下記画像のような画面が開きます。表示されたリストの中から「動画からGIFへ」を選択して、加工したい動画ファイルを選びます。「動画をアップロード!」をクリックして、少し待つとGIFの編集画面に移行します。

動画をGIFに変換する

画面が切り替わると、GIFの再生開始位置と終了位置を設定できます(赤枠)。フレームレート(黄枠)を変更すると最大60秒までのGIFが作成可能に。設定が終了したら「GIFに変換!」(緑枠)をタップしましょう。

加工したGIFを保存する

下記画像のような画面が表示されると、GIFファイルのサイズ加工(作物、サイズ変更)や容量圧縮(最適化)などが行えます。特に問題がなければ画面右下の「保存」をクリックしてGIFを保存しましょう。

GIFを作るときの注意点

GIF制作ではどのようなことに注意すべきなのでしょうか。ここではGIF制作時に注意すべき点を3つ紹介します。

音声が入らない

GIFは画像ファイル(.gif)として扱われるため、音声は入りません。映像と音声を使って情報を発信したい場合には動画ファイル(.movや.mp4)を利用しましょう

色数に制限がある

GIFは最大256色までしか表現できません。256色あればおおよその色は表現できるものの、画像や動画に比べると鮮やかさに欠けてしまいます。

容量が大きいと再生までに時間がかかる

動画よりも軽いのが特徴ですが、1MB以上のGIFはやや表示速度が遅くなります。不要な部分を削ったり、画質を下げたりして容量を小さくすると表示速度が速くなります。

GIFをきれいに仕上げるには

GIFをきれいに仕上げるなら、フレームレート(1秒間に表示される画像の枚数)を増やすのがおすすめです。

動画からGIFを作るならフレームレートの値を少しでも大きく設定しておきましょう。画像からGIFを作る場合には、1秒間に表示する画像の枚数を増やせばOK。こうすることで、動画に近い滑らかな動きのGIFが作れます

googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156433442-0'); });
googletag.cmd.push(function () { googletag.display('div-gpt-ad-1539156561798-0'); });

カテゴリから探す